メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
技術的お話 > 究極の薄型仕上げ!!

スタッフブログ

究極の薄型仕上げ!!

技術的お話

 

 

http://heart-land.jp/archives/2031

(以前書いた記事↑)

 

前にも書きましたが、プラスレンズを薄く軽く仕上げる一番の方法は、眼鏡の玉型を小さくして、玉型の中心に瞳孔が来るようにし、玉型ギリギリのレンズ径でレンズを制作する事なんです。

 

レンズ

レンズの度数は、表面カーブと裏面カーブで決まるんです。

 

上の図の4枚のレンズの度数は皆同じ!!!

 

表カーブが+5カーブ裏カーブが0カーブなら+5D

 

眼鏡を小さくしても、レンズ径が大きいと逆に分厚く仕上がる・・・・

プラス度数の薄型レンズ(高屈折レンズ)などは、標準径が大きかったりするもんだから、径を小さく制作しなかったら、逆に分厚く重くなったりします・・・・

 

IMG_1877

今回の度数は+3.75のまあまあのプラス度数で加入が+2.25(一番強い所の度数が+6.25等価球面)

使用レンズがHOYAのMSVというハイクラスの遠近両用

 

このハイクラスの遠近レンズは、フレームの形状や目の状態を細かく設定できるレンズで、フレームトレーサーにかけて、その形状でレンズカットして送られて来るレンズなのです。

 

今回のフレーム形状がナイロール(レンズの側面に溝を掘った)タイプのフレームで、普通に発注かけると、最小コバ厚が結構分厚くなってしまうのです・・・・

 

で今回は、カットレンズなのにアンカット仕様・・・・

 

IMG_1879

で、こんなに薄く仕上がっております!!!

 

このレンズを当社のマシンで、更にカットして溝を掘っていきます!

IMG_1883

この度数なのに、この薄さ!!!

 

IMG_1881

しかも、オリジナル玉型よりレンズシェープを大きくして!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

技術的お話 > 究極の薄型仕上げ!!
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00