メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
技術的お話 > メガネレンズ勉強会!

スタッフブログ

メガネレンズ勉強会!

技術的お話

先日、STFFを引き連れ、レンズ勉強会に参加してきました。
レンズメーカーさんは、NIKONさんと、HOLT(HOYA)さん。

 

ニコンさんからは、新しいコンセプトのレンズで、

①スマホに特化したレンズ「デジケア」(シフトオン)!!

②遠近両用レンズ(全視界ビュー)

③ハイカーブレンズ(シーマックス)

④カラー補正レンズ(ウルトラブライトコートUBC)

 

当社が加盟しているグループのOEM商品ゆえ、呼び名と設計が若干違うみたいです。

 

ホヤさんからは、

Ⅰ遠近両用レンズ(全視界ビュー)のエントリーモデル

Ⅱ青色光カットレンズ(レイガード435)

Ⅲオーダーメイド遠近両用レンズ(インデビジュアルレンズ)

 

ニコンさんの

①のレンズは、現在のインターネット等ITはパソコンじゃ無く、「スマホ」に・・・

スマホの平均利用時間は、一日2時間越・・・

スマホは楽しいけど、目には良くない・・・

近い距離を集中して見るし、LED(液晶)の光が目を刺激する・・・

で、度数と設計とコートで快適にというレンズ

 

②のレンズはニコンさんとの共同開発のオリジナル遠近両用レンズ

 

③のレンズは単焦点レンズで、フレームカーブが強い、そり角がある、乱視が強い等フレームのデザインを考慮したオーダーメイドレンズ

 

④のレンズは、加齢による、光感度を補正したコントラストアップのレンズ

 

ホヤさんの

Ⅰのレンズは、両面シンクロ設計による、低価格で高品質なレンズ

 

Ⅱのレンズは、紫外線領域だけではなく、可視光線のうち、まぶしい光の領域までカットするレンズ

 

Ⅲのレンズは、フルオーダー遠近両用レンズ

 

各レンズメーカーは、遠近両用レンズの開発に力を注いでいます。

 

レンズ研磨機械の発達のおかげで、3Dで微妙なレンズ研磨が可能になりました。

 

それで、ゆれ・ゆがみ・違和感を極力抑えるレンズが出来上がったのです。

 

さらに良いレンズ設計に必要な情報は、使用する眼鏡フレームの玉型・角度等の情報

この情報は眼鏡フレームをトレースする事で、各メーカーは情報を得る事が出来ました。

 

もっと良くするためには、その眼鏡をユーザーがどの状態で顔に掛けているか・・・

目とレンズの距離は、フレームの傾斜角、そり角はどうか等々・・・

 

もうここまで、遠近両用レンズは進化しているのです!!!!

 

 

ただし、大前提は、お客様の目の度数を正確に測れているか・・・・

 

こんなに素晴らしいレンズを開発してくれているのに、度数が正確に測れてなかったら台無しです・・・・

 

フルオーダーレンズを発注している眼鏡店でも、細かい設定数値を入れずにオーダーしていたりしている店もあるそうです・・・・

 

 

メガネレンズがどんどん高機能になればなるほど、問われるのは眼鏡店の測定力!!!

 

当店では、目の度数・フレームとお顔の情報だけでなく、両眼視機能情報まで考慮して、頭をフル回転しながらレンズを発注いたしております。

 

 

人間の脳は大変素晴らしく怖いのは、少々合ってなくても、脳が補正をかけてしまう事・・・・

 

きっちり合っているのと、だいたい合っているのとは、快適さ、疲れ方、見え方等に大きく差がでます。

 

 

 

 

 

 

技術的お話 > メガネレンズ勉強会!
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00