メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
技術的お話 > 両眼視機能の為のプリズム補正

スタッフブログ

両眼視機能の為のプリズム補正

技術的お話

 

眼鏡は福井県の地場産業です!!

 

その福井県の助成を受けて開発中の眼精疲労軽減眼鏡!!

 

特許まで取れました!!!

 

特許の理論は、両眼視機能検査のプリズム補正理論を応用し、眼鏡フレームによってプリズムを発生させておこなう簡単なものです!!

 

当店では、構想した5年前頃から、ルーティーンで簡単な眼位測定を行うようにしております。

 

一番簡単で確実なのが、カバーテスト

左右の目を交互にカバーし眼球の動きの量を目分量で見ます。

 

度数測定の簡単な流れの中でも、問診→他覚検査→雲霧からの片眼検査→両眼解放バランス検査→抑制検査→上下左右斜位量検査→調節ラグ検査 等々と手際よく・・・・

 

斜位量に問題がありそうだと、シェアードの基準

「正常な両眼視を維持する為には、輻輳力・開散力が斜位の2倍と等しいか、またはそれ以上なければならない」

の原則から、外斜位量が多ければ輻輳余力を内斜位の場合は開散余力を測定します。

 

ここまでは、そう時間がかかりません・・・・

 

福井県の助成を受けた為の報告書が必要だったので、眼鏡を買いに来た約200人のデーターを集計分析してみれば、約20%の方が、このシェアードの基準値以上の斜位量だったのです!!

 

極端な話、計算上は、斜位量と余力値がイコールなら、複視等の問題は出ないのですが、めいいっぱいの眼筋力を使用して、物を見ている事を考えたら、疲労感は半端ない事を想像するのは容易な事です。

 

一定の目安「シェアードの基準」以上の方に更なる問診をすると、検査前の問診には答えなかった様々な自覚症状を認識して語り出します。

 

そこで、その方の眼の状態を説明して、持って生まれた自身の目の状態を認識してもらいます。

 

希望者には、更なる検査(遠く近く調節等々)をしていくのですが、ここからの検査は時間がかかりますし検査の為に目のと脳の負担も相当なもんです・・・・

 

今、両眼視機能検査を取り入れてる眼鏡小売店は、全体の数パーセントしかないと言われております・・・・

 

上に書いた「シェアードの基準」以上の眼位異常の方でも生まれ持っての事なので、こっちが「こんな症状やあんな症状ありませんか?」と聞くまで、目が原因との自覚がない場合が多いのです。

 

見えるだけの眼鏡を作るのは簡単なので、両眼視機能検査が普及しないのですね・・・・

 

両眼視機能検査を取り入れている眼鏡店でも二分していて、アメリカ式、ドイツ式と言われている二つの考え方が有ったりします・・・・

 

シェアードの基準はアメリカ式で、斜位が有っても輻輳力(開散力)をトレーニングして、ズレを補正するプリズムは少な目?にしましょう的な・・・

ドイツ式は、ズレがあれば補正プリズムレンズで楽にしてあげましょう的な

 

絶対的な数値が出ないのも、普及しない原因ではないでしょうか・・・・

 

見えるだけのメガネの度数は簡単ですが、当店が目指すものは「楽に見えるメガネ」!!!

 

奥が深いです!!!

 

 

 

技術的お話 > 両眼視機能の為のプリズム補正
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00