メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
技術的お話 > いろいろな質問してみました!

スタッフブログ

いろいろな質問してみました!

技術的お話

認定眼鏡士の講習会の続きです

福井県の場合、講習会の後、場所を変えて懇親会が開催されます。
参加するのは役員さんが多いのですが、講習会参加申し込みの返信ハガキにも、懇親会の参加・不参加の欄があるので、福井県所属の認定眼鏡士なら誰でも参加できます。

例年、眼鏡技術者協会の教育部長の内田先生も参加されるので、講習会の直後の大勢の前での質問はしにくいけれど、懇親会の場での質問はしやすいのです。

講習会の中でも話に上がったのが、検眼室の個室化とその明るさ調整
講習会参加店の中で個室化していると手が上がったのが、そのうち二社!!

当店もその内の1社で、店舗改装時にどうしてもやりたかった事の一つでした。

ハートランド検査室

ただ個室にしてLEDのダウンライトにしたため、想定外の事態が!?

フォロプターに付いてる近見視力表に、上の棒の影がクッキリと出てしまう・・・
(写真バックの壁の色が黒の為、部屋が暗く映ってますが、影がクッキリ出るという事は照度は十分なんです。後に解説)

で、どうしたかと言うと、フォロプターに付いてるLEDライトと手元灯を近見視標に当ててみました!!

だいぶん薄くなりましたが、まだ影は出てしまいます・・・・

で、原因のLEDダウンライトを消すと、

当然影など出ません!!!!

実際こうやって測定していたのですが、このやり方は問題が無いのか???

先生曰く「輝度」なので、そう問題がないんじゃないかとの事でした。
(輝度と照度を復習しましょう)

自分の眼で確かめてはいましたが、一抹の不安が払拭されました(笑)



もう一つは、夜間視力(夜間度数)について

当店のオートレフケラメーターは、瞳孔の中心地点と周地点を測ってくれて、瞳孔が開いてる場合の度数も測定してくれます。

ニデックARK-1S

右眼が僕で、左眼が嫁です。
(For day と For night)あくまで参考値ですが、僕は夜間は近視が強くなり、嫁は夜間乱視が強くなります。(しかし嫁はほぼ正視・・・小さい頃勉強しなかったのでしょうか(笑)

試しに暗室と通常で、オートレフを採って見たらどうなるか実験してみました。

あれ、レフケラの中の視標は、晴天だ!!!(笑)
さきほどの照度と輝度の関係でいうと、瞳孔の大きさは変わらないのか????

レフケラにはモニターが付いてて、瞳孔の様子が大きくなってよくわかります!!

結論から言うと、他覚値は部屋が明るくても暗くても、変わりませんでした。

瞳孔の大きさは、明るい→暗い は、ほぼ変化なし
暗い→明るいは、照明を付けた一瞬だけ、縮瞳してすぐ元に戻った。
(自律神経に支配されてる瞳孔反応は明るさだけの変化では無く、瞳孔反応は複雑です)

当店の視力測定室は、省スペース型の視力表を使用しております。

省スペース型の欠点は、調節ラグが取り切れないのでは?との事です・・・・

ここで調節ラグの説明を・・・・
自分の「1m先に置いた鏡」と「1m先に置いた風景が映ったTVモニター」を比べると、TVモニターの中の遠い先に有るような風景画像を見ても、人間の眼は1m先の物を見る調節を使って1m先のモニターを見てしまいます。
片や1m先の鏡は、鏡に映ってる自身は2m先の調節、自身の背後に映っている風景は無限遠を見るように調節はせずに見て、遠くの風景も近くの自身もどちらにもピントを合わせる事が出来ます。(モニターに映ってる画像では出来ません)

省スペース型の視力表は、この原理を利用して、視標が機械の中の5m先にあるように設計しておりますが、実際の機械が1m先に有ると1mの調節が入りかねないとの考えです。

当店では、機械自体を壁の中に埋め込んで機械を見えなくして、壁に穴を開けてその穴が5mあるように心理的にも思わせています。
(子供を測定していると親御さんが後ろから視力表を見たがりますが、なんせ5mもある細長い穴ですので、被験者の子供と目線の位置を合わせないと視標は見えません)



あれ、ラグの説明と微妙にずれてる(笑)

視力機器を埋め込んだ、もう一つの理由が、両眼視検査の時、右眼左眼別々に分離させて見せるのですが、利き目の視標は機械の中に見えるのですが、非利き目の視標は、機械から外れて見えてしまう(もしくは機械が二つ見える)ため機械自体を隠すことにより、測定が正確にしやすくするためです。

長い・・・(汗)

話を夜間視力(夜間度数)に戻すと、いくら検査室を暗くしても、視標の輝度が明るいと意味があまりありません・・・・


当店には輝度をも調整できる視標もちゃんと完備してます!!

通常時↑

暗い時(輝度を落とす)↑

夜間の眼鏡度数の自覚検査をする時は、輝度だけで良いのでしょうか・・・・

被験者がいる測定室の照度を落として、視力表の輝度も落としてみました!!!

なんか変(笑)
視標のある部屋の照度はどうしたら良いのでしょうか(笑)・・・

お客様が「夜の運転の時見にくいんだよな・・・・」と言われる方がよくいます。
その場合、僕「夜の運転に使用する時間はどれくらいですか?」とお聞きします。
ほとんどの方が、夜の運転で使用する割合は少ないのです。
その少ない時間に合わせた眼鏡を常時使用するのは、あまり賢明とは思われません。

夜間運転に使用する眼鏡は、夜間専用に別に作った方が賢明です。

夜間運転をするプロのドライバーさん等、夜間用の専用眼鏡、当店ではしっかり測定いたします!!!!

上の写真でも大丈夫だと思いますが(笑)一応指標があるところも暗くしますので、日没後の来店をお待ちしております!!!!



技術的お話 > いろいろな質問してみました!
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00