メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00 年中無休
2017年 > 4月

スタッフブログ

アーカイブ2017年4月

サングラスの季節です!!

未分類

スポーツサングラス「オークリー」に、度付レンズをチョイス!!

 

フラック2.0の新色に、オークリー純正プリズムゴルフレンズを搭載!!

 

オークリー純正レンズはハイカーブデジタル非球面で、度数補正、プリズム補正が自動計算!!

(当然自身の眼の幅眼位等を正確に測定した結果後に計算してくれます)

 

 

 

コントラストレンズだけに、微妙な距離感や、傾斜が解りやすくなります!!

 

これも、フラック2.0の新色

 

こちらは、タレックスのカッチュウ偏光レンズ(ラスターブラウン)をアレンジ!!!

 

 

 

やはり透過率が高くて偏光率の高い偏光レンズは、TALEXに分配が上がります!!

 

プリズム補正、度数補正(0.25刻)は当社で計算いたします!!

 

納期が結構かかりますので、ご注文はお早目に!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

A`rossby 入荷日決定!!

当店のロズビーファンの希望者には、直接アナウンスさせていただいておりますが、ロズビーの入荷日が発表されました!!

 

一旦アナウンスした日より、二日遅れましたが、4月29日の発売開始になりそうです!!!

 

今年も100セット限定です!!

 

シリアル番号も、ついに永久欠番をいただきました!!

 

↓これは、セカンドラインの「オプチカルロズビー」。

写真は、先日リピート入荷した、オプチカルロズビー!!
オプチカルロズビーは、限定150本まで、リピート補充できたんですね・・・

忘れていたのを先日ロズビーの担当者が教えてくれて、久しぶりに入荷いたしております。

(他のロズビー取扱店も同じ状況か奇跡的に若干残っているそうです)

ビジョントレーニング装置 発明!!

技術的お話

手軽に出来て、凄く効果的な「ビジョントレーニング装置」を考えちゃいました!!!!

 

考えた装置は、これ!!!!

 

白いビニールテープに数字とアルファベットを記入します。

 

 

 

そのビニールテープをパソコンの画面4辺に貼り付けます。

 

はい、出来上がり!!!

 

トレーニングの仕方は、画面上の①を見た後、画面下の①、画面上の②、下の②と順番に、顔を動かさず眼球だけで、ジグザグに見ていく。

上下の次は、A→A B→Bと左右の動き。

次は①→㉘ ②→㉗と斜めの動き 反対斜め 横斜め とジグザグの眼球運動をして、6本の眼筋のトレーニングとコリのほぐし!!!!

 

結構、効きます!!!

 

パソコンが、壁際で無かったら、パソコンの上空間の遠方視→① の運動も更に効果的

パソコンが壁際ならば、鏡を取り付けて、鏡越しに遠方視→①でもいいですよ!!!

 

一応、特許を一つ持ってる僕としては、他人の特許を侵害してはいけないと思い、特許庁の「Jプラネット」で調べてみました!!!

 

2005年に同じような内容で特許出願されておりました!!!!

 

が、審査請求されて無いので、特許侵害にはあたりませんが、既に文献があるので、新規性が無いと判断されて特許にはなりません(笑)

 

実際に特許出願した経験から、いろいろ学んで賢くなってます(笑)

 

ただ、「トレーニングアイマスク」という同じような考え方での特許が登録されておりました!!!!

が、途中で特許料を払わなくなり、権利が消滅しておりました・・・・

 

ビジネスにならなかったのでしょうか・・・・

 

 

なかなか特許を取るのも大変ですが、その特許をビジネスにするのはもっと大変です・・・・

 

 

このビジョントレーニングマシン、良かったら皆様も手造りで作って、やってみてください!!!

(文字間はもう少し開けた方が良いかも)

 

結構効果的ですよ!!!

 

やりすぎは、疲れますのでご注意ください!!!

新作入荷!!「Plus Mix」&「vivid moon」

 

「プラスミックス」と「ビビットムーン」の新作がドドーンと入荷いたしております!!

 

福士蒼汰さんをイメージキャラクターにした、国産でコスパに優れた商品です!!

 

ビビットムーンは北川景子さんをイメージキャラクターに!!!

 

どちらのブランドも、とても回転率の良いブランドで、すぐに少なくなっていくのですが、新作が入荷したては、ギッシリミッチリになり過ぎて・・・・・

 

高級ブランド店のように、少量だけオシャレに陳列して、色違い・サイズ違い等はバックヤードに置いといて、スマートに陳列出来れば良いのですが・・・・

 

センスとスキルが無く、「いっぱいありますよ!!」みたいな並べ方になっちゃうんだよな・・・・

 

あんまりガチャガチャと一杯あると、お客様も選択に迷よちゃいますよね・・・

 

ガチャガチャ並べずに、センス良く上品に並べて、なおかつ選択肢がいっぱいあったと思っていただくのが理想なんですが・・・

 

 

あれ・・・

 

商品説明も、単品の写真画像ものせてないや(笑)

 

 

 

 

 

 

 

メガネをかけると目が進む!?

技術的お話

普通の人が思っている、間違った情報です!!!

 

絶対、メガネをかけると、目が前に行くこと(前進)する事は絶対に無いです!!!

 

「目が進む」表現から書いてみましたが・・・・全然面白く無いですね(反省)

 

 

確かに、目の適正度数に対して、「強すぎる近視の度数」をかけ続けた場合、進行する可能性は高いです・・・・

 

ただ、検眼器の進歩によって、過矯正(強すぎる度数)の度数が入った眼鏡を新規に制作する割合は、低くなってきました。

(加齢による目の度数変化で、使用している度数が強すぎる場合がありますので、2年に一度ぐらいは目と度数が合っているかのチェックは必要かと)(当店では、今までの度数で良いとおっしゃるお客様にも、必ず度数チェックを行っております)

 

逆に、眼鏡をかけない方が、度数が進む事がある事が発表されております!!

 

「メガネは適切な度のものを使用するのが一番良いといわれています。
適切な度数のメガネを使用する限り、メガネが近視を進行させることはありません。むしろ最近のデータでは、近視があるのに無理してメガネを使用しなかったり、度の弱すぎるメガネを使用したりすると近視が進行しやすいといわれています。
(学校保健では、両眼で0.7以上の視力を保つことが推奨されています。)
近視の進行に合わせて、適切な度数のレンズに交換していくことが大切なようです。」

http://www.tachibana-eye.com/onepoint.html

(たちばな眼科さんのHPから引用)

 

今回の当店での事例を紹介いたします。

 

お父様・お母様も当店で購入いただいておる、14歳中1の女の子

 

今回で二本目の眼鏡になるのですが、1年前にレンズ交換をしてから、度数が大幅に進んでおります。

成長期で、両親共に強度近視なので、これくらいの進行は問題ないのですが・・・・・

 

問題なのが、輻輳近点があまりに遠すぎる!?

(より目をしてどれだけ近くまで見えるかのテスト)

 

前文で「検眼機器の進歩で近視の過矯正は出にくい」と書きましたが、例外的に児童を測定する場合、調節が入った状態で他覚検査をしてしまうと、数値が大きく近視よりになってしまいます。

(幼児の場合は、眼科さんでの測定を推奨しております)

 

当然、強すぎる近視の眼鏡を作成してしまうと、近くが見えにくく、大変問題がある眼鏡になってしまいます。

 

眼鏡店で出来る、調節介入をなるべく入れない測定方法で(雲霧をかけた両眼解放検査)で丁寧に測定しても、決して強すぎる近視の度数ではありません。

(眼科では調節麻痺目薬を点眼して測定します)

 

ここで、当店の秘密兵器「調節機能解析アプリ」の出番です!!!

 

解析結果には「調節緊張(軽度)の傾向があります。」

となっておりますが、これは生年月日からパラメーターが判断してますが、グラフ値は「老眼」に近い感じ!?

 

最初の視力検査の時の問診で、

僕「前の眼鏡は?」

少女「今日は持ってません」

僕「ちゃんと使ってる?」

少女「はい」

 

で、終わってたので、あらためて質問

 

僕「前の眼鏡ずーっとかけてる?」

少女「授業中だけかけたりしてます」

前の度数が、眼科さんの処方箋だったので

僕「眼科の先生ずーと眼鏡かけてねって言ってなかった?」

少女「はい、言ってました・・・・」

 

 

この子の場合、中程度の近視(0.1が見えるか見えないか)だったのに眼鏡をかけて無かったため、近くを見る際全く調節して無かった事から、調節・輻輳作業が苦手になっていた事が考えられます。

 

ここで、ビジョントレーニング!!!

http://heart-land.jp/?post_type=post&s=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0&x=48&y=4

 

適正なメガネをかけて、ブロックストリングスで、トレーニング

 

最初は、しっかり両眼でビーズを見る事が出来なかったのが、次第になれてきました。

 

「ちゃんと、メガネをかけないとどんどん目が悪くなるわ」と脅しをかけて(笑)

(コンプライアンス的には大丈夫なのでしょうか?)

(思春期の女性に眼鏡を常用してもらう難しさ・・)

 

簡単なトレーニングシートを渡して自宅でもトレーニングしてもらう事に!!

 

ちゃんと小学校時代は学校でビジョントレーニングの時間があったのに・・・・

 

 

翌日、お店に来店いただいた際

 

僕「ちゃんとメガネかけてる?」

少女「ハイ」

僕「近くも普通に見える?」

少女「ハイ」

 

輻輳近点チェックをしてみれば、前日とうって変わって正常値、寄り目もしっかり出来ている!!

 

この子の場合、両親共に強度近視なので、メガネをかけてなかったから近視が進んだのかは判りませんが、メガネをかけて無かったため、輻輳力と調節力が下がっていたのは確かだと思います。

(近視の要因にDNAと環境は多いに関係があります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年 > 4月
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00 年中無休