メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
技術的お話 > 難病・視神経萎縮症

スタッフブログ

難病・視神経萎縮症

技術的お話

当店のお客様に、遺伝的な視神経萎縮症のお客様がいらしゃいます。

 

通光体(カメラでいうレンズ)や網膜(カメラでいうフィルム)に問題が無いけど、視神経に問題があり、視力や視野に異常がでる。

 

先天的では無く成長のどこかのタイミングで視力障害が出てくるとの事です。

 

 

大変症例が少なく、原因不明となる場合があるらしいのです。

 

お母様も発症後10年間くらい病名等は解らなかったらしく、解ったので子供達の診断は早かったらしいです。

弟さんは発症が早くて盲学校に通いその道に進んでいるそうです。

(当店のカルテを見ると15歳0.5  18歳0.3 21歳0.15)現在28歳

1歳違いのお兄様は、矯正視力は出にくいものの0.7~0.8ぐらいに安定していて、視野の欠損もありません。

19歳からメガネを作ってくれていて、25歳の時にプリズムを入れて常用してもらいました。

 

その後引っ越しされ、他店でノーマルなメガネを作られたそうですが・・・・

常用せずに運転時だけかけていたそうです。

 

基本プリズムレンズは常用が必須で、コンタクトレンズとの併用使用もお勧めしていません。

 

で、他店購入のプリズム無しのメガネが調子が悪く、他店枠にレンズを入れるため来店いただきました。(他店レンズは無駄になります)

 

 

予算の関係でこのレンズの制作範囲では、若干の上下プリズム分のプリズムが入りません・・・

若干なので位置で上下プリズムを発生させて補います!

(球面レンズでは光学上同じなのでよくします)

(非球面レンズは注意が必要です)

 

視神経萎縮症と眼位には相関関係は無いと思いますが、この方は結構な外斜位がありますので、眼の負担を減らすためにも・・・・

(あくまで個人的見解です)

 

 

 

昔は、「メガネを掛けると目が悪くなる」なんてことを言われてましたが・・・・

確かに強すぎる度数のメガネ等、度の合っていないメガネを掛けていると悪くなる可能性もありますが、見えてない視力のままメガネを掛けていない方が目を悪くする可能性が高くなります。

 

視機能もしっかり使わないと、劣化していくように思います。

 

 

今回の記事はすべて個人的見解です。

眼病等は、専門医を受診してください

我々眼鏡士は、診断等は致しておりませんし致しません。

 

 

 

[コメントする]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

技術的お話 > 難病・視神経萎縮症
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00