メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
技術的お話 > 不同視(左右の視力(度数)が大きく違う事

スタッフブログ

不同視(左右の視力(度数)が大きく違う事

技術的お話

三十数年前、僕が眼鏡学校で習ったのは、左右の度数差を必要以上につけない・・・

その差は2ディオプトリーぐらいが限界である・・・

その一つの根拠に左右像の大きさが違って見えて、融像に支障が出る・・・

その大きさの差が5%・・・

 

30年前の事なので、間違って覚えているかもしれませんが、当時はあまり考えずにそのオキテを守ってました。

眼鏡店によってはその教えを先輩から引き継いで、今でも実践しているところもあるとかないとか。

 

人間の脳は、個人差はありますが、良くも悪くも適応してしまうのです。

 

左右の度数差を付けるメリット・デメリットをよく考えて、その人に快適なメガネを提供する事が眼鏡店(眼鏡士)の役割ではないでしょうか。

 

今回ご紹介する一例は、

右S-2.0DC-1.25AX90

左S-7.5DC-3.00AX85

左右差等価球面値で、6.4ディオプトリー

 

この方、眼病等によって後天的に左右差が発生しております。

(右目は無水晶体眼)

 

不同視眼の一番の問題は、不等像視では無く「周辺視野のプリズム効果」

 

左右同じような度数なら、左右レンズで相殺してしまうのですが・・・

 

今回の場合、右側方視をする場合「ベースインプリズム」が起こりますし

左側方視する場合、「ベースアウトプリズム」が発生します。

 

左右の側方視はまだ脳と目が対応できますが、上下はそうはいきません。

 

下方は、右目「ベースダウン」が起こり

上方は、右目「ベースアップ」が起こります。

 

このお方もともと上下プリズムをお持ちなので、下方視は調子が良く、上方視は複視(物が二つ見える)を起こしてしまいます。

 

球面設計レンズならプリズム効果を計算して、アイポイントを上に上げれば良いのですが・・・

非球面設計レンズなので、最初からプリズムを入れて、アイポイントはしっかり目の高さに合わせます。

決して複雑なプリズム関数の計算が出来ない訳ではありません(笑)

厳密には、自力では計算できませんが、自動計算してくれるアプリが計算してくれます。

 

東海光学の特注レンズ「ファインエッジ」は、分厚い縁厚部分を面取りでカットし、

その部分に反射防止多層膜コーティングを施すので、左右差の厚みがそれほど気になりません!

 

当店で眼鏡フレームをトレースして、そのデータをインターネットで工場に送信、そのデータによりレンズ工場でメガネのフレームの形にカットするシステムがあるから出来るワザ!!

 

どうしても若干大きく仕上がってくるので(小さいのは絶対NG)当店で大きさの微調整をするのですが・・・

流れの癖で、レンズエッジに面取りをしてしまいそうになりますが、エッジ部分は反射防止コーテングが施されているので、面取りはNGなんですね(笑)

 

 

こういう特殊事例は稀ですが、どんな度数でも、どんなフレームでも、常に使う人の生活環境や目の状態を考えて、当店では!快適なメガネになるように色々な提案しております!!!

 

 

ただ、ユーザーの理解と協力があってこそ、最終的には快適なメガネになる場合もあります。

(人間の脳の良くも悪くもなれちゃう事と凄く関係してます)

 

昨日のあるお客様に対する説明は良くなかったと大変反省しております(苦笑)

人間には心と頭があって・・・・

正確には、生まれた時から持っている本能と後天的に学んだ脳

心でしっかり理解していただかないと、頭も拒否反応を起こしてしまう事があります(持論)

まだお渡ししていませんが、最終的に使いこなしていただいて快適になれば良いのですが(願)

(この不同視のメガネのお客様の事では無く累進レンズのお客様の事です)

 

[コメントする]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

技術的お話 > 不同視(左右の視力(度数)が大きく違う事
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00