メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
その他プライベート > 河和田地区のホタル

スタッフブログ

河和田地区のホタル

当社の前身は、鯖江市河和田地区で眼鏡製造工場を営んでいました。

 

その工場を今は、工場部分を漆器職人さんに、事務所部分を住居として、貸出ていて母が個人的に管理をしています。

 

その工場は2014年7月18日の福井豪雨の時に被災していて、一階部分が壊滅的被害にあいました。

それが契機となって、築50年ぐらい経っている工場を住居用としてリノベーション出来たのです。

場所的には、水害があった川と山の間の狭い場所にあって、最悪の場所ですが、

http://aai-b.jp/ac/

河和田アートキャンプ↑があって、シェアハウス等に利用されての需要はあったみたいです。

 

ただ、このコロナで学生さんの利用も無くなり空き家になっていたので、子供が一人暮らしを体験したいという理由!?から、そこを掃除に行ったのですが・・・・

ま・・・悲惨・・・

住んでいた方の不用品とかが色々残されたまんまや、二年ぐらい利用されていない雰囲気が・・

 

不動産屋さん等の管理会社を利用すれば、保証金等で業者に頼んで処分や掃除を頼めたのでしょうが、母はたぶんそんな契約もなしで格安で貸してたのでしょう・・・

 

そんなこんなで、掃除等に駆り出されたのですが・・・・・

 

その横の川は蛍で有名な川で、ちょうどホタルの時期で、40年ぶりに見に行きました!!

 

ちゃんと写真に撮ろうと、ニコンD500の普段メガネしか撮っていないカメラを三脚ごと持ち出して撮影に挑んだのです・・・・

 

シャッターを数秒開放して撮影するのはなんとなく解ってるのですが・・・

 

まあまあ上位機種のカメラだけに

素人には設定出来ませんでした・・・・

 

真っ暗です!!!

 

で、さっき通常の場所にカメラを戻して気が付いたのは・・・・

持ち出したときに、普段しないレンズキャップがはめたままになっていた(汗)

 

 

街灯の無く真っ暗闇で、飛び回るホタルの群衆と煌めく星群だけの灯は、とても幻想的でした!!

 

オーストラリアで見た観光資源の土ボタルとは比べ物にならないぐらい良かったです!!

 

 

四十数年前の俺は、竹ぼうきで飛び回るホタルを取りまくっていたのに、歳を取った現在の俺はそのことを思い出して感慨深いです!!

 

ここで一句!

「飛び回るホタルの中に父の影」

 

[コメントする]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

その他プライベート > 河和田地区のホタル
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00