メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00 年中無休
2016年 > 12月

スタッフブログ

アーカイブ2016年12月

本年の営業を終了いたしました。

武生店

「メガネのハートランド武生店」2016年の営業を終了いたしました。

 

本当に感謝の一年でした。

 

ありがとうございます!!

 

 

初売りは、1月3日 10:00からとなっております。

 

ご購入いただいた方には、大きめのメガネ拭きをプレゼントいたします。

 

無くなり次第終了ですのでご了承下さい。

 

また、来年もよろしくお願いいたします。

 

 

VioRou 新作入荷!!

「ヴィオルー」の新作が入荷しております!!

 

「Motoki」と「Izumi」

ヴィオルーの品番は、実在する関係者の名前が品番になっており、今回のネームは、広島のお友達(眼鏡学校同級生)のお店の夫婦の名前が、ネームになっております!!

 

以前このブログでも紹介した「メガネアトリエMOTOKI」さんオモロイ夫婦!!

 

ネーミングの由来をデザイナーの小野寺さんに確認したところ

 

「なんかこの二型似ているでしょ(笑)」

 

うんうん・ワ・カ・ル~~~(爆)!!!

 

http://ameblo.jp/at-motoki/page-4.html#main

本人着用ブログをリンクしときました↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Happy Holidays

アメリカの「クロムハーツ」さんからは、「ハッピーホリディー」の手書きのメッセージ!!

 

と直接営業さんが持参してくれた、非売品のクロムハーツ製シルバーノベルティ!!

日本国内で、正規で「クロムハーツアイウエアー」を扱う眼鏡店は50数店舗らしいです。

その中でもけっこう頑張ったお店にだけ贈られるご褒美みたいです!!

 

中身が知りたい方は、店頭のクロムハーツ什器の中に展示しておりますので、お声をかけて下さいまし!!

 

 

 

フランスの「ラフォン」さんからは、「Bonne année 2017 avec la Maison Lafont !」

「ボン・アネ!!」

パリから、直接郵送で届いていたカードがあったのですが・・・

(さっさと処分するかたずけ上手な嫁に・・・)

 

 

大阪の「TALEX」さんからは、

「OOKINI」おおきに!!

 

わざわざ日付指定の書留で!!!

 

当店が、顧客様からあるていどの支持がいただけているのも、ブランドさんのおかげでもあります!!

 

これからも、お客様からも、仕入先様からも、ご期待にそえるよう頑張ってまいりたいと思っておりますので、どうぞ変わらないご支援をお願いします!!!

 

 

「良いお年を!!!」

 

 

あと三営業日ありますが(笑)

 

 

 

 

年末年始の営業のお知らせ

武生店

今年も残りわずかになりました。

 

メガネのハートランドの年末年始の営業日のお知らせです。

 

12月30日までは通常営業

 

12月31日・1月1日・1月2日は、お休みをいただきます。

 

1月3日から通常営業となります。

 

 

我が家は白馬栂池高原でお正月をすごす予定です。

今のところ雪が不足気味で心配ですが・・・

 

どうぞ皆様も良いお正月をお過ごしください!!

 

 

かくれ斜視!?

お客様紹介

当店は、両眼視機能検査等にも力を入れ、快適な視生活を応援しております。

 

(両眼視機能は、当社ホームページの眼鏡と眼の知識NO7にざっくり書いております。)

 

当店の通常の検査の中にも、ルーティーンとしてすべての方に簡単な眼位測定を入れております。

 

そこでの数値に異常がある場合又は希望する場合、お客様了承のもと精密な測定に入るのです。

(精密な両眼視機能検査は、時間がかかるのと、お客様の眼に相当な負担がかかるのです)

 

今回紹介するのが、強度近視の外斜位の例

 

強度近視でプリズム入りのレンズにした場合、通常けっこうなレンズ厚になってしまいます。

 

が、今回使用したフレームは「VioRou」のコンパクトなフレーム

に、世界一超高屈折なプラスチックレンズ東海光学の1.76

S-7.50C-0.75 5△BIN でも上からみても、ほぼ枠の厚さと変わらない!!!

 

このお客様、通常はコンタクトレンズのみだった為、相当な違和感が出ると思われたのですが、検査後の装用テストでも、お渡し直後でも、すんなり問題無くかける事が出来ました。

 

普通は、数十年間眼と脳が頑張って補正をかけてきたのが、プリズムメガネレンズがある程度補正をかけるので、脳がびっくりするケースが多いのです。

 

 

次に紹介する例が、

 

二十代男性

そこそこの外斜位をお持ちでしたが、輻輳力もそこそこ有るし(シェアードの基準にはちょっと足りてません)若いし、輻輳力の強化のビジョントレーニングで!とも思ったのですが・・・

 

レンズを選択するときに、「とにかくパソコン時が特に疲れる・・・PC用の前掛けレンズが離せないので、PC用のレンズにしてください!!」との事・・・・

 

ん~~それは、LED(液晶)の光のせいだけじゃないんじゃ・・・・

 

外斜位の場合、遠くを見る場合と、近くを見る場合では当然必要プリズム量は変わってきます。

 

眼の疲れが酷そうなのと、装用テストの感じがよさそうなので、プリズムレンズとビジョントレーニングと、PCの青色光カットのコーティングとキャリアカラーの合わせ技で!!!

 

強度近視の場合、レンズの中心よりちょっとずれるとプリズムが発生します。

そのため、常にプリズムを感じているからか、プリズムレンズに慣れるのも早いのかもしれません。

 

ただ、強度レンズの場合、しっかり目の幅等レンズの中心と目の中心をしっかり合わさないと、疲れる眼鏡になってしまいます。

太いプラ枠にする事でレンズの厚みをカバーしました。

 

 

2016年 > 12月
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00 年中無休