メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
技術的お話 > 不同視 by 白内障編

スタッフブログ

不同視 by 白内障編

技術的お話

不同視の定義をエゴサーチしてみたら、「左右の屈折度の差が2.0D以上ある」となっていて僕が眼鏡学校で習った30年以上前から変わっていません。
(エゴサーチの意味が間違ってる事に後で気が付きました)

これにも根拠があって、眼球の角膜から網膜の中心窩までの距離と角膜から眼鏡までの距離を考えて、像の大きさが5%以上違う場合を考慮して・・・だったように思う・・・・

像の大きさが左右5%以上違えば、同じ物と脳が判断せずに融像せずにダブッて見える不等像視になる・・・だったかな・・・


僕がこの業界に入った30年前は、その教えを守っていたのですが・・・

確かに机上での計算値はそうなりますが、人体はそう単純でもなく、不等像にならずにしっかり両眼視出来るのならちゃんと両眼共に矯正した方が良い。が、現在の主流ではないでしょうか。
(昔は強い方の度数を弱めて2.0D以内の差にするのが主流だった)

両眼バランスは、左右の視力値を合わすのではなく、調節値を合わすのも同じこと。

え~~~誰に向かって書いているのでしょうか(笑)
(意味が解らなくても当店はしっかり勉強してお客様にとって最適な度数を提供する努力をしている事が伝われば)(一番は書くことによって自分の為のアウトプットになっている事)

前置きが長くなりましたが、今回紹介する事例は片眼白内障で片眼だけ眼内レンズを入れた事例

右眼S-7.5C-3.0AX85 左S-1.75C-1.75AX90
乱視が90°方向の倒乱視で上下方向は少なく左右方向は大きくなるので、等価球面値で考えると、右-9.0左-2.5 その差6.5

左眼を白内障の手術をして、人口水晶体を入れた眼科さんの処方度数。

眼科さんにしては思い切った度数にしたな(眼内レンズの度数を含めて)と思って過去の(白内障術前)度数を見てみれば、左は-14.75(等価球面)

左右差だけ見ると度数差は少なくなってました。


両目共に白内障の手術をする時には、若干の近視眼にして、近くも遠くもそれなりに見えるような眼内レンズの度数にする事が多いと思います。
ただ近視や遠視が強く片眼だけ白内障の手術をする場合には、担当医師とよく相談してから手術を受けてくださいね。

本当に書きたかったのはここから(汗)
(もう誰も読んでないか・・・)

 

ちょっと前のブログに、レンズの厚みを薄くするためにデザイン面取りの事を書きましたが・・・・

ファインエッジ加工

東海レンズ袋の上部分に印字されている「ファインエッジ」
当店の加工機で行ったデザイン面取りの部分のエッジをソフトに研磨して、更にその部分にもマルチコート(反射防止多層膜コート)をかけちゃうんです!!!

写真ではほとんど解りませんが、それほど薄く綺麗に仕上がります!!
(さすがにレンズメーカーでしか出来ない加工)

眼鏡専門店ならではの引き出しを多くして、皆様のご来店をお待ちしております!!

[コメントする]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

技術的お話 > 不同視 by 白内障編
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00