メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
技術的お話 > ハナモリ(鼻盛)

スタッフブログ

ハナモリ(鼻盛)

技術的お話

日本人と欧米人は顔の骨格が違います。

全体的に欧米人の方が鼻が高く、日本人の方が低い人が多い・・・・

当然、海外(欧米)で流通するメガネは、欧米人の鼻の高さに合わせて鼻のデザインがされています。

過去のラグジュアリーブランド等は、それぞれの国の業者とライセンス契約を交わし、それぞれの国に合わせたデザインで販売してました。

現在は、ブランドのイメージ・価格等を世界中で統一しワールドワイドな展開をする高級ブランドさんが多くなっております。

当然アイウエアーも!!!
(ここではメガネぢゃなく)


現在使用しているシャネルのメガネ(他社購入)にレンズの入れ替えのご注文。

外国人用のハナパットだったのを、その上から貼増しパットを施工してありました(他社施工)

ただ、まだフィッテングが顔に馴染まないとの事で、当社で施工・・・・

粗いヤスリで
細かいヤスリに

この後紙ヤスリ、バフ掛けをするのですが、写真撮り忘れ・・・・
過去のこのブログに同様の記事何回も出てきます・・・

金属アームが付いたハナパットに付け替えます。
これで微妙な調整が可能になります。

バフ掛けまでは同じ工程で、元の外人用の小さいパットから大きいパットに付け替える事も出来ます。↓

写真内のダンボールは、僕が発明した治具・・・・

最初は上のシャネルの時の様に長方形の対角線の角を利用してましたが、鼻パットの左右の位置関係の錯覚が起きかねないので、ダイヤモンド形にバージョンアップいたしました!!!!

更に方眼紙状の目盛りが付くと最高に使い勝手が良くなると思います!!!

誰か製品化してくれないかな・・・・

ただ、ダンボールじゃ売れないと思うから、シリコン系の樹脂で作れば需要が有るような気がしますが・・・・

自店でハナモリしている眼鏡小売店が少ないようなきもします・・・

特許は出願しておりませんので、これを見て製品化しようと思った業者さんはひと声かけていただいて、一個試供品をいただけたらOKです!!
(まあいませんよね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

技術的お話 > ハナモリ(鼻盛)
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00