メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00

スタッフブログ

強度近視

たまたま強度近視の眼鏡4つが同じ時期に仕上がりました。

 

強い度数をレンズの厚みを薄く仕上るには、レンズの屈折率を上げるより、レンズ径を小さくした方が効果的

レンズの度数は表カーブと裏カーブの差で決まるのです。

上の図と下の図のレンズカーブは同じ

レンズ径を小さくすれば、ふち厚は薄くなります。

 

当然レンズの屈折率を上げれば、更に薄くなります。

 

 

写真はどれもレンズ径が相当小さいのですが、4つも並べると対象物が無いため、普通の眼鏡にしか見えません(笑)

 

今回の横綱級は、

-15.00 のこのメガネなんですが、大きく面取りした部分にも、反射を抑える多層膜(マルチ)コートを施しているため、厚みが目立たないだけではなく、渦も巻きにくくなります。

 

面取りは上の図のレンズが尖がった端の部分を斜めに削る加工

(ただ単に削るとカトちゃんメガネみたいに渦渦になっちゃうんです。

 

多層膜にすると、単層膜が反射してそれが何重にもなると、反射して更に反射してまたまた反射して・・・が繰り返されると、反射が消えちゃうんだって・・・頭だけでは理解できないね・・

 

大関級は、この眼鏡

等価球面値はこれも2桁の度数

これは屈折率1.807のガラスレンズを使用しております。

 

他のプラスチィックレンズの屈折率は1.76で世界最高でトウカイレンズしかありません。

 

もう一つレンズ待ちの横綱級の強度近視に強度プリズムレンズがあるのですが・・・

もうちょっと後にレンズが届きそうです。

 

 

・・・・まとめ・・・・

度が強くて、レンズが厚くなったり、目が小さく見えたりして眼鏡が嫌いと思ってる方にも、オシャレでカッコイイ眼鏡に仕上げるメガネとノウハウが当店にはあります!

 

 

[コメントする]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00