メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
技術的お話 > 眼鏡士の試験対策

スタッフブログ

眼鏡士の試験対策

技術的お話

ほぼ最後になる眼鏡士SSの学科試験・・・
(来年初期に落ちた方の救済試験があるとか無いとか)

 

https://heart-land.jp/archives/43244

このブログでも書きましたが、眼鏡士が国家資格の眼鏡製作技能士に来年変わるのです。

 

当店の眼鏡士3名のうち1名だけS級なので、国家試験開始の前にSS級に昇格しておいた方が良いらしい・・・との事で、約一名猛勉強中!!!!

 

で、解らないところがあったらしく、先輩SS級に質問が飛んできました!!

 

その問題は、当店ではメガネを作る時全員にしている検査項目で、原理をしっかり理解していれば測定時迷宮に入りません。

 

調節力&調節ラグを測る検査で、老若男女問わず全員対象の検査です。

 

試験問題は、「調節力が1.5Dの眼で、クロスシリンダーを凹90度に入れた場合、縦線横線どちらが濃く見えて、前焦線か後焦線どちらが網膜に近くなるか?」という問題

解答は5択(縦か横か・前か後か・真ん中か)

 

とても良い問題です!!

 

実務の検査では、当店の高額な測定器で測ると、横線の場合はダイヤルを左に(または+ボタン)(縦線の場合は逆)のガイドの案内が出て、理屈が解ってなくてもそれなりに測れます。

(理屈が解ってないと迷宮入りしやすい)

 

教える方がちゃんと理解していないと解りやすく教えられないし、教える方がアウトプット出来て勉強になります。

(国家試験に移行する時にSS級も試験があるらしい)

 

嫁は、僕の教え方が良くてSS級を一般試験から一発でクリアー出来ました!!

 

 

理解してもらうには作図が必要で、クロスシリンダーを通した完全矯正の場合

クロスシリンダに使われるレンズの度数は、マイナス度数とプラス度数が均等に入ったレンズで、作図すると上の図になります。

(ニデックさんの測定器に入っている図を流用してます)

 

今回の問題を図にすると・・・

これもニデックさんの資料を利用してますが・・・

網膜と焦点の位置関係は合ってますが、この図では光線のはじまりが遠方視になってます

 

で、正解は「横で前」

 

この図をちゃんと理解できて作図が出来れば、条件を替えられてもちゃんと対応出来ますが・・・

 

深堀りすれば、問題的に条件を替えずらい・・・

クロスシリンダーの向きを変えるのも一般的では無くなるし、調節力をもっとあるように設定すると、調節ラグがあって注釈がややこしいので・・・

 

ドラゴン桜的な受験対策は!!!!!!

こんな問題がでたら「横で前」の一択で、理解できていなくても正解出来るはずです!?
(間違えても僕には責任を取れませんが)

 

一般の方には難解で全然面白くも無い内容ですが・・・・・・

 

当店はなんとなくしっかりしてるな!!と思っていただけたら幸いです!!

 

 

追記・・・・

 

当店スタッフの試験日程が明日の9月1日で、前泊して名古屋に宿泊の予定でしたが・・・

 

1日前の今日、コロナの影響で試験日が延期になったと!?本人に連絡がつかないのでお店に協会から連絡が入りました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そんなことある?誰かのいたずらじゃ??と思いこちらから協会に確認したらホームページにも書いてありました・・・・

(ホテル代とか電車代とか大丈夫だったのでしょうか)

 

 

[コメントする]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

技術的お話 > 眼鏡士の試験対策
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00