メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
技術的お話

スタッフブログ

カテゴリー技術的お話

マドックス桿・視力条件

技術的お話

昨日のブログで、運転免許書の条件に三桿法(立体視)の事を書いて思い出したのですが・・・・

「 三桿法 (サンカンホウ)の 「桿 」(カン)の字が単漢字でも出てこなくわざわざ「操縦桿」(ソウジュウカン)で入力して操縦の部分を消す作業が・・・」(マドックス小 桿 も同様)(どうでもいい話)

「斜視検査出来ますか?」みたいな内容の電話予約がありました。
訪れたのは、10代後半の好青年!!

普通に電話問い合わせで「斜視検査」「両眼視検査」「斜位測定」「複視」「深視力」等々のキーワードで訪れて来る方は、中年以降の方が圧倒的多数なんです。


色々話を聞いてみると

好青年「視力検査のマドックス値が範囲外だったんです」

俺「・・・・・」

好青年「マドックスって解ります?」

俺「もちろん解るよ!ただ当店はフォン・グレーフェ法を主にしているよ」

と、一般の人からマドックスと言うワードが出てきたので、唖然として、普通に業界人に返すような受け答えをしてしまったのですが・・・・・
もしかして、他のメガネ屋さんに「マドックス」の事を言っても解らない場合が多かったのかもしれません・・・・

さらに話を伺うと、身体検査の合格基準の中の眼の項目は、
①視力(裸眼・矯正・遠距離・中距離・近距離)②斜位③輻輳近点④眼球運動⑤色覚⑥深視力⑦視野⑧夜間視力
の8項目
なんかこちらが勉強になります(笑)

問題だったのが④の斜位で、マドックスの測定値が外斜位で6Δ内斜位で10Δ上下が1.5Δ以内との事
(何故に内斜位が外斜位より大きい数値なのか?逆じゃ??とその時は思ったのですが、今書いていて測り方によって運動性融像や輻輳・調節が作用して内斜位方向に数値が出やすいのを考慮しているのかなと・・・・)

その好青年を測定してみると、確かに外斜位があり、輻輳近点もその合格基準値の中ではあるもののちょっと遠め・・・・

マドックス値も頑張ればその合格基準値内・・・・・

ガンバレバ・・・・・

マドックス斜位0の状態

ただ、裸眼じゃなく眼鏡での矯正値でOKなので、しっかりメガネで矯正は可能です!!!

その場合はその仕事中にすぐかけなおせる予備の眼鏡を携帯しないといけないらしい・・・・
一般の人もそうなった方が業界の為だが・・・・
まず俺が常に予備眼鏡を携帯しよう・・・・(笑)

深視力・三桿法・大型免許

技術的お話

福井出身・大阪在住・40代後半の女性が、大型けん引自動車免許を取得するのに、深視力が通らないので眼鏡を作りたいとの事で来店。

大型免許や二種免許等の運転免許には、普通免許よりも良い視力と、さらに立体感・距離感・奥行(深視力)が必要となります。

その深視力を測定する方法が「三桿法」で、三本の棒の真ん中の棒が前後に移動し、両サイドの棒と一直線に並ばないといけない検査法(誤差前後2㎝)

深視力測定器

当店には深視力の検査器があります!!

上の写真で、真ん中の棒は両サイドの棒と平行に並んでいるでしょうか?

写真に撮った画像では解らなくて当然です!

人間は左右に目があり、それぞれの違う角度から物を見、それを一つの画像と認識する事により脳の中で、立体感・奥行・距離感が生まれます!!

単眼のカメラで撮った画像では、奥行きは解りにくいのです。



ちなみに前の写真では、真ん中の棒は、両サイドの棒に比べて2センチ以上前にあって、深視力の検査では合格範囲外です・・・・

一番右にある棒が真ん中の棒で、緑のラインが合格範囲

話を最初に戻して・・・・
来店いただいた40代後半女性の眼を測定してみると、近視よりのミックス乱視があり、更に外斜位・若干の上下斜位がありました。

既に大型運転免許は裸眼で所得出来ていたところを見ると、加齢による色々な眼の調整力の低下によるところと思われます。

裸眼での深視力の検査は、ボロボロでしたが・・・・
しっかり矯正した眼鏡での検査では、しっかり合格ラインに収まります!!


次の再検査ではしっかり合格出来ると思います。

運転免許書には、眼鏡等(大型牽引時)と書かれて、普通自動車運転時には、眼鏡をかけなくても良いのでしょうね・・・・
条件は付かなくても、安全に運転するのと、眼鏡での見え方を脳がしっかり把握する意味でも、常に眼鏡をかけといた方が良い事はお伝えしてあります。




間欠性外斜視

間欠性外斜位と呼んだ方が良いのか??

通常は両目でしっかり両眼視出来ているのに、疲れて来ると片目が遊び、斜視状態になる事です。正常な眼位から間欠性の斜視になる事は無く、斜位からの間欠性の斜視になります。(難しいですね・・・)


この無理して両眼視している状態から、無理が出来なくなって片目のみ違う方向を向いてしまう状態ですね・・・・

今回ご紹介する例は、遠視眼の不同視で結構な外斜位。

通常こんな強い遠視があると、左目が弱視(矯正視力が出ない)になりがちで、幼少期にアイパッチ等で訓練しないといけない場合が多いのですが、強い外斜位のおかげで、訓練無しでも視力が出て、両眼視機能自体も良好です!!!
(ただ常に強い調節輻輳(より目)を強要されていて眼精疲労が出ていたはずです)

今回ご注文いただいたメガネは近用眼鏡

遠用でも強い寄り目が必要になるのに、近用を両目で見る為には更なる輻輳が必要になりますが・・・・年齢的に眼筋も毛様体筋も・・・・

で、加入(老眼度数)度だけを強くしてしまうと、輻輳・調節する事が出来にくくなり、モノビジョン(片目で見る)事になります。

決してモノビジョンが悪い訳ではないのですが、今回は両方の見え方を比べてもらい、輻輳・調節のきっかけを作って両眼視して近用作業をする事が良いとの事になりました。

そうなると、製作出来るレンズを探します・・・・
(度数・プリズム度が強くなると製作範囲が極端に少なくなります)

なんとか出来るのが東海光学さんの、世界一高屈折レンズが、オーバー手配でレンズ径が50径でギリギリです・・・・
超高屈折レンズはアッベ数が低くプリズム度数が強いので色収差が気になりますが、レンズの厚みを考えると・・・・・

プリズムΔレンズは、厚いところと薄いところが極端で正にΔレンズ・・・

当初決めていた普通のサイズの眼鏡にはレンズ径が収まらず・・・・

グルーバーのこの小ぶりなフレームに決定!!!

近見視力器

技術的お話

ある同業者の集まりのネットのクロージングサイトで、近見視力器の話題になりました。

HOYAが20年前ぐらいに製造していた、近見視標器NV-20がヤフオクでプレミアが付いて高値で取引されているそうです・・・・・
加盟しているボランタリー店の一店が廃業するにあたり、希望店の内たまたまじゃんけんで勝利した(担当者)当店がその機械を安値で譲り受けたので、当店にはその近見視力器があるので良いのですが、両眼視検査をするうえで有るととても良い視標器なのです。

ただ、両眼視機能検査を取り入れている眼鏡店はそう多くなく、近見までしっかりチェックしているとなると更に少なくなり、そう需要が無いので、それに替わる近見視力器が無いのも事実・・・・

しっかり両眼視検査を実施している店舗で、この機械を持ってない店舗は本当に欲しいのでしょう・・・・

ただ・・・・

この機械を持ってるので解るのですが・・・・

この機械の仕組みは凄く簡単で・・・・

で、その同業者のクロージングサイトで、「自作すればよいじゃん・・」みたいな事を書き込んでしまった・・・・

誰からもツッコミは無かったのですが、余計な事を書き込んで・・・・
本当に自作出来るのか・・・・・
責任感の強い僕は、ちょっとだけ心配になって・・・・

自作してみた!!!

結論から言えば、けっこうカッコよく出来上がった!!!!

右がHOYAの「NV-20」

左が、俺の手造り・・・・

問題は、右眼と左眼が別々に同時に見えて無いと、両眼視検査が出来ない事!!

右眼のみの見え方


左眼のみの見え方

上と下の視標の間違い探しではありません(* ´艸`)

HOYAの機械には無い視標も加えてみました!!!

もうちょっと改良したいところがあるのですが・・・・
またやり直すのは大変だから、勘弁してもらいます(誰に(笑))

結果から書いたので、それなりの物が出来上がったのですが・・・・
せっかくなので作り方の秘話と苦労話も・・・・

まずは光が通る透明の所と遮断する黒い箇所が必要で、透明のフイルムに印字する事にしました。

使用したのは↑これ

が・・・・

試作1号はマドックス用の目盛りも入れている

が、完全に真っ黒にはならない・・・・
(二度刷りしてもダメ・・・)
調べると、黒の下にホワイトのインクで下地を付けないといけないらしい・・・

当然そんな白のインクが入ったプリンターなどは普通なく、取引先の写真屋さん・看板屋さん・印刷屋さんに画像データを送って相談したら、こんな精密な物は出来ないし、出来てもとんでもなく料金がかかるとの返事・・・・ていよく断られる(涙)

色が薄いなら、光を通す別紙にピッタリ重ねれば良いのでは・・・・

試作2号はマドックスを削除

お!!!
良い感じに出来た!!!!

が・・・・

小っちゃく一部実験した時はうまく行った偏光が、全体になると偏光視角が小さく一定の角度じゃないと視標が消えない・・・・
偏光フイルターに透明フイルムが重なると偏光の視角が小さくなる・・・・

じゃあ偏光フイルターの部分をむき出しにする!!!

で、カッテングシートの登場!!

幸い当社には小っちゃいカッテングマシンがあるのです!!!!

が、けっこうな年数使用して無かったので、アプリが更新されていて使えない(汗)

一からユーザー登録をし直してアプリをダウンロード・・・・・
(超メンドクサイしなんかうまく行かない・・・)

カッテングシート

使い方を思い出しながら、何とか自作出来た・・・・

で、張って見た!!!!

試作機3号

偏光度合はバッチリだが・・・・

裏に貼り付けた偏光フィルターが、デコボコと表から見えちゃって見た目が最悪・・・・

で・・・・

立体視の視標変えたのとウォース4灯足した

偏光フィルターとプラスチックフイルムとの相性が悪いのでガラスに張りつけてみた・・・・

どうせならガラスの内面に張ってみたら、写真では解りにくいが空気だまりと反射が・・・・・
細い文字をカッテングする場合はこの空気を出しやすいのですが、大きい面だと綺麗に追い出すのは無理・・・・

で外面で再製作・・・・
で一応完成!!!!!

試作機何号目だ!?

クロスリンク視標「◎」がいまいちで、 (カッテングシートのデータをやり直す) 完璧な改良案も出来ておりますが・・・・
自作出来る事が確認出来て、満足したからもう一回やり直す事はしません。


ここまでかかった費用は4千円ほどですが・・・・・

夜な夜な実験していた俺の人件費を時間で計算すると!?!?(笑)

イラストレーターソフトを使えるスタッフ井上さんにも、あれ書いてこれ書いてと、ここをちょっとこうして、下の図とずれたらあかんよ・・・・
消費税増税で値札を早く付け替えないといけない中うっとうしかった事でしょう(笑)

調節機能解析ソフト

技術的お話

最近TVで紹介されたらしい!?調節機能解析ソフト!!

当店に設置しております!!

リクエストがあれば、喜んで測定させていただいておりますが全員に測定している訳ではありません。

リクエストの有った、44歳の方の測定データです。
ほぼ問題がありませんが、ほんの僅かの老眼と、それが原因と思われる右眼が40㎝から近方視するときに無理がかかっているみたいですね。

手元作業用の眼鏡か、遠近両用眼鏡がお勧めですね!!


当店がこちらから測らせてもらう場合は、だいたい問題がある場合が多いです。

今回も・・・・

15歳 強度のミックス乱視・・・

まずは円錐角膜や不正乱視を考えなければなりません。
まずは眼科さんなのですが、既に眼科さんに行っていて病的な事は問題無く、円錐角膜的な事は何も言われてないとの事です。

前のブログにも書きましたが、今年の眼鏡士の生涯学習で、眼科の先生の講習にも出てきたオートレフを用いた可能性の測り方を試してみても、安定している・・・

問題は、この子は常に眼鏡を掛ける事はしないで、普段物をしっかり見ようとしていない事・・・

「眼鏡をかけると、さらに眼が悪くなる」「眼鏡をかけると、度数が進む」という風評・・・・
確かに近視の強すぎる眼鏡(過矯正)をかけていると、それに慣れる為に眼が近視化する可能性がありますが、物をしっかり見ない方が近視が進む研究結果も出ています。(僕もこの説には経験から賛同)(不同視の場合度数の強い方を弱矯正しすぎるとどんどん度数差が増えるような気がします)(大昔は左右度数差を-2.0(網膜での大きさの差5%)までにするのが良い的な迷信)

目から入る情報量は80%とも言われています。

しっかり見て脳細胞をしっかり使わないと!!!

この子は上下斜位も見つかりましたが、まずは眼鏡を常用して、両目でしっかり物を見る事が大切です!!しっかり見ること今までサボってた眼筋や毛様体筋も簡単に鍛えられる事でしょう!!

当店には、眼鏡をかけたくなるような素敵なメガネちゃんがいっぱいありますからね!!!





技術的お話
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00