メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
'ハナモリ'の検索結果

スタッフブログ

「ハナモリ」の検索結果 18件

クリアーフレームのハナモリ

技術的お話

このブログでも再々紹介している、プラフレームの鼻部分をかけやすくする、カスタマイズ

メードインJAPANで鯖江で作られている商品ですが、企画がワールドワイドなデザインで、平たい顔族の日本人顔には、鼻パットが低くて顔に当たってしまいます。

 

ちょっと話は変わりますが、この加工場の作業用の本革の敷物・・・どこかの引き出しの奥で眠っていたのを嫁が発見しました・・・・

(加工場用の皮の敷物って意外と売ってないのよね)

 

ニッパで切り取って、荒ヤスリ、細ヤスリ、紙やすりの順に切り取り部分を整えます。

(自作の治具が良い感じで、あとは升目(メモリ)を入れればもっと使いやすくなるね)

 

バフでピカピカに磨き上げます!!

 

大きい鼻パットに交換する事も可能ですが、今回は金属アーム付きの「クロムハーツ」専用金属金色パットに付け替えました!!!

(クリアーなフレームですが正面から見ても目立たないタイプにしています)

 

当店は「クロムハーツ・アイウエアー」の正規販売店です。

 

今回のフレームは、クロムハーツ直営ショップで購入したフレームの持ち込みです。

 

当店で購入いただいたクロムのフレームの場合は、フレーム代金の中には、色々なサービス代金も含まれています(フレームのかかり具合調整、度付きレンズの加工代、等々)

 

クロムハーツに限らず持ち込まれたフレームの調整やレンズ加工代は、有料となっていますのでご了承下さい。

 

但し、他県等(遠方)の当店加入のボランタリーチエーンのショップや、知り合いのショップからの直接の依頼の場合は、お互い様(互助)なのでその限りではありません。

 

[コメントする]

ハナモリ治具 特許申請か!?

武生店

過去にも「鼻盛」の記事は沢山書いてます。

 

https://heart-land.jp/?post_type=post&s=%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%A2%E3%83%AA&x=35&y=20

↑その中にダンボールで治具を作った話も書いているのですが・・・

 

鼻盛用治具、進化しました!!!!!

 

ブリッジに傷をつけないように付けていたガードデープも不必要になり、眼鏡が更に安定して作業がしやすくなりました!!

 

正式な特許を一つ持っている僕だから解るのですが、特許申請すれば内容の書き方によっては通るような気がします(笑)

 

ま、費用対効果を考えると、申請はしませんが・・・

このブログで公開した事で、新規性も無くなります(汗)

進歩性も疑問ですが(笑)上手に書けばもしかして・・・

 

ちなみに今回のハナパットの付け替えは、僕個人のメガネです。

鼻パットのアームが折れて暫く放置していたのですが、別のお客様のハナモリがあったので、ついでに自分のメガネのハナモリも!!!

 

日本製ですが、ワールドワイドなデザインのハナパットアーム

(海外ブランドゆえに欧米人向けに短いのです)

 

弾力性のあるスネークタイプの長いアームのハナパットアームに付け替える事で、かけ心地も格段に良くなりました!!!

 

メタル製のハナパットも、クロムハーツの刻印入りの純正ハナパット(クロームカラー)にしました!!

 

クロムハーツ純正刻印入りハナパット、他のカラーに、ゴールドとシルバーがあります。

 

クロムハーツ純正パーツは、正規取扱い店で無いと準備出来ません。

(当店は正規取扱店です)

 

 

 

[コメントする]

鼻盛(ハナモリ)

技術的お話

有名な100人の村の話

 

世界には63億人の人がいますが
もしもそれを
100人の村に縮めるとどうなるのでしょう。
100人のうち

 

70人が有色人種で
30人が白人です

61人がアジア人です
13人がアフリカ人
13人が南北アメリカ人
12人がヨーロッパ人
あとは南太平洋地域の人です

(一部抜粋)

 

 

61人がアジア人なのに・・・・・

 

ワールドワイドなメガネの鼻パットは、鼻の高い人向けに作られています・・・・

 

ま、東アジアと西アジアじゃ顔の骨格が全然違うし・・・・

 

でも、大丈夫(何が?)

 

 

鼻が高い人向きに作られたメガネフレームでも、ちゃんと平たい顔族にもフィットするようにカスタマイズできます!!!

 

「Chrome Hearts」と「GUCCI」のメガネ

 

複数個同時に作業すると、手間が簡単です!!!
(4つ同時だと面倒かな(笑))

 

良いアセチ生地が使われてると、研磨(バフ掛け)していて、気持ちの良い艶が出ます!!

どちらのテンプルネジも、緩みにくい抜け落ちにくい高級ネジが使われてました。

見えないところまで手を抜かないのが、ブランドのブランドたるところでしょうか!

 

 

 

 

[コメントする]

ハナモリ(鼻盛)

技術的お話

日本人と欧米人は顔の骨格が違います。

全体的に欧米人の方が鼻が高く、日本人の方が低い人が多い・・・・

当然、海外(欧米)で流通するメガネは、欧米人の鼻の高さに合わせて鼻のデザインがされています。

過去のラグジュアリーブランド等は、それぞれの国の業者とライセンス契約を交わし、それぞれの国に合わせたデザインで販売してました。

現在は、ブランドのイメージ・価格等を世界中で統一しワールドワイドな展開をする高級ブランドさんが多くなっております。

当然アイウエアーも!!!
(ここではメガネぢゃなく)


現在使用しているシャネルのメガネ(他社購入)にレンズの入れ替えのご注文。

外国人用のハナパットだったのを、その上から貼増しパットを施工してありました(他社施工)

ただ、まだフィッテングが顔に馴染まないとの事で、当社で施工・・・・

粗いヤスリで
細かいヤスリに

この後紙ヤスリ、バフ掛けをするのですが、写真撮り忘れ・・・・
過去のこのブログに同様の記事何回も出てきます・・・

金属アームが付いたハナパットに付け替えます。
これで微妙な調整が可能になります。

バフ掛けまでは同じ工程で、元の外人用の小さいパットから大きいパットに付け替える事も出来ます。↓

写真内のダンボールは、僕が発明した治具・・・・

最初は上のシャネルの時の様に長方形の対角線の角を利用してましたが、鼻パットの左右の位置関係の錯覚が起きかねないので、ダイヤモンド形にバージョンアップいたしました!!!!

更に方眼紙状の目盛りが付くと最高に使い勝手が良くなると思います!!!

誰か製品化してくれないかな・・・・

ただ、ダンボールじゃ売れないと思うから、シリコン系の樹脂で作れば需要が有るような気がしますが・・・・

自店でハナモリしている眼鏡小売店が少ないようなきもします・・・

特許は出願しておりませんので、これを見て製品化しようと思った業者さんはひと声かけていただいて、一個試供品をいただけたらOKです!!
(まあいませんよね)

[コメントする]

ハナモリ

武生店

昨日に続き「レイバン」ネタで・・・・

セル枠の鼻パットなんですが・・・・

どうしても固定式のパットだと、調整が効かないのです・・・・

写真右上に写っている、大きいハナパットに交換する事も出来るのですが・・・・

今回は、金属アーム付きで調整が出来る鼻パットにチェンジ!!

持ち込みフレームでしたが、レンズも交換して、フレームも研磨しなおして出来上がり!!!


レイバンのフレームは、今回のような事が出来やすい削り出しアセテート製と、成型インジェックション製の物がありますのでご注意下さいませ!!
(いずれのモデルもちゃんとカスタムは出来ます)

[コメントする]
'ハナモリ'の検索結果
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00