メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
技術的お話

スタッフブログ

カテゴリー技術的お話

初めての累進(遠近)レンズ

技術的お話

昔は「遠近両用レンズって良くないんでしょ?」と言われる方も多かったように思いますが、

最近はそのような声はあまり聞くことも無くなりました。

 

それは、レンズメーカーの絶え間ない開発が一番だと思いますし、そのレンズを適切に扱えるように指導いただいたレンズメーカーの努力のおかげだと思います。

 

それでも、慣れやすい眼と脳、慣れにくい眼と脳があります。

 

当然、両眼視を含めた、眼の度数を正確に測れている事が大前提にあります。

 

折角レンズメーカーさんが良いレンズを開発しても、窓口である我々がお客様の眼の状態をしっかり把握してないと、良い結果にならない場合もあります。

 

 

今回は確実に慣れにくい眼の例・・・・

 

メガネを常用していない遠視の遠近両用・・・・

 

しかも強めの外斜位

 

 

図

水晶体が無調節時には、網膜より後方に焦点が合う遠視眼は、水晶体が調節をすれば、遠方に焦点が合います。

 

ただ常に調節力を使うので、大変眼に負担が強いられます。

 

 

そういう場合には、

図

プラスレンズを装用すれば、無調節状態で遠方に焦点が合うので、調節力の負担は軽減されます!

 

これは眼鏡技術者なら誰でも知っている初級編・・・

 

 

ただ、遠視眼の方は、調節する時に輻輳を伴っている場合があり、左右の眼位を考えずにプラスレンズだけを入れると、眼位が安定しなくなり両眼視に問題を起こすことが有るので、注意が必要です!!(中級編)

 

両眼視の状態を考えずに、近視や乱視の度数を緩めたり、アシストレンズにしたり、遠近両用レンズにしたりするのも、問題がある場合があるので注意が必要です。

 

 

で、今回の例ですが・・・・

 

累進帯の長さや、アイポイントの加入パーセントや、ベースインプリズムの事やレンズ設計の事や色々書こうと思ったのですが・・・・

 

書いても誰も読まないと思うし・・・・

 

上手に書けないし・・・・

 

 

ただ、当店は、しっかり勉強して、ちゃんと考えてお勧めしているんだ!!

 

と思っていただいて、信頼していただいたら幸いです!!

 

 

ちゃんとした正しい度数で、正しい理解の元に正しく使用していただいたら、遠近両用メガネはとても便利で快適なメガネになるはずです!!!

 

[コメントする]

失敗事例 by 調節

技術的お話

メガネを作るのに、度数を測ります。

 

視力が上がるだけの度数を測るのは、そう難しくは無いのです。

 

ただし快適でしっかり見える度数を測るのは、そう簡単ではありません。

 

一番厄介なのが、調節機能

 

図

遠方の像を網膜の中心窩に焦点を合わせるために、角膜と水晶体のレンズで屈折させるのですが、角膜の度数は変化しませんが、水晶体の度数は変化するのです。

 

図

上方の図は、正視の方の遠方視

下方の図は、近くを見ている時の近方視

 

携帯のカメラでも一眼レフでもビデオカメラでも、遠くの物に焦点を合わせた後、近くの物に焦点を合わせるとボヤけて、オートフォーカス機能が働いてピントが合う・・・

今のところ人間の眼の機能より早いオートフォーカス機能は無いと思います。

 

この水晶体が膨らんだり縮んだりしてピントを合わす機能が「調節」機能!

 

人間の眼の機能は、機械みたいに単純にフォーカスしている訳では無いので検査に当たって一番厄介なんです。

 

検査している時に、水晶体がどの状態になっているかを正確に想像把握していないと、ちゃんとした眼鏡が出来上がりません・・・

 

さらに眼は二つあり、眼位や輻輳等によっても調節が連動されるのでより複雑です。

(視機能は自律神経に支配されているので、脳や心の状態にも連動されます)

 

 

過去ブログ ↓ 負の調節

https://heart-land.jp/archives/38839

 

「日本眼鏡学会ハンドブック から引用」

「第4章 調節

調節安静位

どこを見る事もなくボーッと見ているときには、遠点にピントが合った状態ではなく、それよりも若干近くにピントが合っている。これは生理的調節緊張状態とよばれてるが、そのときのピントが合っている位置は調節安静易とよばれる。

調節の名称

調節安静居位から近方に向かう調節を正の調節(単に調節)とよび、調節安静位から遠方へ向かう調節を負の調節とよぶ。」

引用終わり

 

正の調節は自律神経の副交感神経を使い負の調節は交感神経を使用します。

ただこの事(負の調節)は眼鏡業界にはあまり知られていません・・・・

(最近の論説なのか?)

 

水晶体の状態を考えつつ、負の調節をちゃんと意識していれば、近視の過矯正はそうおこらないのですが・・・・

 

 

で失敗例・・・・

 

 

コロナでの緊急事態宣言が出た自粛期間中の一部の学生さんのメガネを制作するのに検査・・

 

その時期このブログでも、ピントフリーズを注意する事を何回か書いた記憶があるのですが・・・

 

当然、調節を剥がす方法を数種類試して、大丈夫だろうと決定した度数が・・・・

 

調節を剥がし切れて無かった事例・・・2件・・・・

ピントフリーズ現象による視力低下・・複数件

 

恐るべき緊急事態宣言・・・ステイホーム・・・・

 

社会的不安の中で、家の中に留まり遠方を長時間見ない生活が続くと、子供たちの眼はこうなるのか・・・・と、まざまざと感じた期間でした。

 

TVでは季節性の風邪が流行っていると不安をあおっております・・・

外出時には感染予防対策を・・・・・・

 

 

 

追記

記事の中に書いた負の調節的な微調節・・・・

水晶体だけでなく眼伸でも若干おきてると仮定してみる

計算上角膜から網膜までの長さが1㎜変わると約4D変化する。

0.5Dなら0.25㎜変化するだけで微調節が出来る。

調節不可能な人工水晶体(眼内レンズ)を装着した人でも若干微調節していると思ってるのは僕だけでしょうか・・・・

 

[コメントする]

難病・視神経萎縮症

技術的お話

当店のお客様に、遺伝的な視神経萎縮症のお客様がいらしゃいます。

 

通光体(カメラでいうレンズ)や網膜(カメラでいうフィルム)に問題が無いけど、視神経に問題があり、視力や視野に異常がでる。

 

先天的では無く成長のどこかのタイミングで視力障害が出てくるとの事です。

 

 

大変症例が少なく、原因不明となる場合があるらしいのです。

 

お母様も発症後10年間くらい病名等は解らなかったらしく、解ったので子供達の診断は早かったらしいです。

弟さんは発症が早くて盲学校に通いその道に進んでいるそうです。

(当店のカルテを見ると15歳0.5  18歳0.3 21歳0.15)現在28歳

1歳違いのお兄様は、矯正視力は出にくいものの0.7~0.8ぐらいに安定していて、視野の欠損もありません。

19歳からメガネを作ってくれていて、25歳の時にプリズムを入れて常用してもらいました。

 

その後引っ越しされ、他店でノーマルなメガネを作られたそうですが・・・・

常用せずに運転時だけかけていたそうです。

 

基本プリズムレンズは常用が必須で、コンタクトレンズとの併用使用もお勧めしていません。

 

で、他店購入のプリズム無しのメガネが調子が悪く、他店枠にレンズを入れるため来店いただきました。(他店レンズは無駄になります)

 

 

予算の関係でこのレンズの制作範囲では、若干の上下プリズム分のプリズムが入りません・・・

若干なので位置で上下プリズムを発生させて補います!

(球面レンズでは光学上同じなのでよくします)

(非球面レンズは注意が必要です)

 

視神経萎縮症と眼位には相関関係は無いと思いますが、この方は結構な外斜位がありますので、眼の負担を減らすためにも・・・・

(あくまで個人的見解です)

 

 

 

昔は、「メガネを掛けると目が悪くなる」なんてことを言われてましたが・・・・

確かに強すぎる度数のメガネ等、度の合っていないメガネを掛けていると悪くなる可能性もありますが、見えてない視力のままメガネを掛けていない方が目を悪くする可能性が高くなります。

 

視機能もしっかり使わないと、劣化していくように思います。

 

 

今回の記事はすべて個人的見解です。

眼病等は、専門医を受診してください

我々眼鏡士は、診断等は致しておりませんし致しません。

 

 

 

[コメントする]

快適なメガネのために!!

技術的お話

今回のブログのキーワードは・・・

 

①内斜位

②カットレンズ

③歪(ヒズミ)

 

ほぼプロ向き内容・・・・・

 

 

50代後半S様

強めの内斜位あり・・・

 

5年前(2015年)にゆるめ(3Δ)の内斜位レンズを処方してます。

 

それを気に入っていただき、2016・2017年と同度数(単焦点・累進含め)で6本のメガネを購入いただいております。

 

今回3年ぶりに、眼の調子が悪いとご来店・・・・

(急激な場合等は当然病院を受診してから)

 

測定してみると、斜位量は6年前とほぼ変わらず
(最初の1本目はプリズムレンズに抵抗があって球面調整で度数を落としただけでした)

 

斜位量は変わっていませんが、開散余力&球面度数はかなり少なくなっておりました。

(加齢と共に眼筋力や調節力は減っていきます)

 

で、今回は下手に緩めず、適正なΔ量のレンズを提案しました。

 

両眼で9Δのプリズム量

 

度数はマイナスですが、しっかり経指定をしないと分厚くなるレンズです!

 

眼図

今回はカットレンズ

(メガネフレームの形状をトレースしたデータをインターネットで送ると、その通りカットしたレンズがメーカーから送られてきます)

レンズの玉形に合わせて最適な度数や厚みを設計製作した特別なレンズです。

 

ただ、どうしても若干大きめになってます。

(レンズが小さかったらフレームに留まらない)

 

右目が送られてきたままのレンズ

左目がレンズを削って修正したレンズ

 

送られてきたままのレンズでも、フレームには入るのですが、若干大きいため、特殊なフイルターを通して確認すると、レンズの歪が解ります。

 

一旦削られているレンズは、職人の手で修正して削っていくのですが・・・

僕がこの業界に入った時は、手削りから修行したものですが、最近は機械削りしか教えません。

 

レンズの厚みの部分や角の部分によって力具合を調整しないと、薄い所や角が削れ過ぎて形状がフレームに合わなくなったり、余計な歪が出たりします。

 

見てください↑上の左目の美しい出来栄え!!

(撮影後右目もしっかり修正しております)

(プリズムレンズは厚いところ薄い所が極端で難)

(丸いデザインが易で、天地が浅く角ばったデザインが難)

(プラ枠が易で、メタル枠が難)

 

 

[コメントする]

大型2種免許(深視力)

技術的お話

職業ドライバー(大型バス)に必須の「大型2種免許」

 

視力は「両眼で0.8以上、片眼で0.5以上、深視力2.5mの距離で平均誤差2.0cm以上」

となっております。

 

「両眼で0.8以上、片眼で0.5以上」

健康な眼だと、視力を上げるだけなら、そう難しくはないのです。

 

 

「深視力2.5mの距離で平均誤差2.0cm以上」

健康な眼でも、両眼視がしっかり機能してないと、上記の条件をクリアするのが一気に難しくなります。

 

深視力が必須の運転免許証は、大型第一種・中型第一種・けん引・第二種免許です。

深視力を簡易的に測定できる装置は当店に設置してあります!

 

正面から見て

3本の棒のうち外側2本の棒が平行に立っていて、前後に可動する真ん中の棒をちょうど真ん中に平行に止めるのですが、前後2㎝以内に止めれなければ合格できません。

 

 

 

前置きが長くなりましたが・・・・

 

大型バスのドライバーさんが眼鏡を作りに来てくれました。

 

希望は、眩しさで色が変わるレンズ(調光レンズ)

 

通常の調光レンズは、紫外線に反応して色が変色するのですが、最近の車の窓ガラスは割れた時破片が飛び散らないように、合わせガラス(ガラスとガラスの間にフイルムが挟んである)になっておりそのフイルムがUVカット機能が付いています。

 

UVで調光するタイプのレンズでは、車内では変色しないのです・・・・

 

で、今回作っていただいたメガネのレンズは、可視光線で変色するタイプの調光レンズ!!

 

UVが出ないLEDライトでも変色しだします!!

(当初グレーに変色するレンズに決めたのですが、常に常用してもらう事になったので、ブラウンカラーにしてと帰宅後すぐにお電話いただきました)

(レンズカラーは、人からの見られ方もですが、色の波長(色)によって見え方にも違いがあります)

 

 

前にも書きましたが、深視力(距離感や立体感等)をしっかり出すためには、両眼視機能が必要なんです!!!

 

距離感や立体感を出すためには、違う位置にある二つの眼で捉えた画像を脳内で一つの画像にする機能(両眼視機能)が必要です!!

 

 

度数は、左右差があるもののそう強くは無いのですが・・・・

下方に印刷されている

右目 P 1.00UP   左目 P1.00DOWN

P 2.50IN       P2.50IN

 

斜位によるプリズムレンズを処方してあります。

https://heart-land.jp/archives/38989

↑ここで書いた、外斜位+上下斜位

 

人間の場合、右目で見た像と左目で見た像が違いすぎると、脳内で像を一つにする事が出来ずに、二つに見えるか、片方の像を脳内で消す(抑制)がかかり、上質な見え方が出来ません。

 

そこで、左右の像を脳内で一つに捉えやすくする方法がプリズムレンズによる補正なんです。

片眼づつの度数が正確でも、両眼によるバランスが悪ければ上質の見え方は得られません・・・

 

過去に当店で一つの目安シェアードの基準で約200人のデータを統計したところ、約20%の方がこの基準より外れていました。

(シェアードの基準の統計を得る為には、遠方と近方の眼位測定と余力測定が必要で、目に負担が相当かかるため、眼位測定は全員に余力測定は必要と思われる方のみ測定してます)

 

眼位に問題がある方は眼鏡を常用したがらない傾向があって

(ボ~~と見て焦点が合わない方が楽)

(度数にもよります)

(眼位異常は病気ではありません)

 

この方もメガネを常用してませんでした。

 

で、このメガネが出来上がるまでの一週間、お持ちのメガネを常用しておいてもらいました。

(個人的見解ですが、良質の視力を得る為には視細胞に細かいピクセルでピントの合った画像の刺激が必要)(視細胞も怠けると劣化する気がする)

 

お渡しの時に、深視力計で確認していただくと、圧倒的に距離感がつかめやすいとの事でした!!

 

 

追記、

FBページでありがたい指摘をいただいて、大型バス以外にも

運転免許証で深視力検査があるのは「大型第一種・中型第一種・けん引・第二種免許」

になっております。

 

2007年までに普通免許を所得している方は、中型(8t)の限定条件がありますが、深視力検査はありません。限定を解除すれば深視力検査は必須になります。

 

 

 

 

[コメントする]
技術的お話
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00