メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
技術的お話

スタッフブログ

カテゴリー技術的お話

偏光レンズ とは

サングラス

当店でも、一押しの偏光レンズ(Polarized lens)

 

良い点と悪い点を書いてみます!!

 

偏光レンズの事は、高校の物理で習うのでしょうか・・・

 

偏光フイルターは、ハーバード・ランド博士が、今から90年前に発明してます。

 

ハーバード・ランド・・・・うちの社名に似てますが、たぶん関係はありません・・・

 

 

タレックスの看板の画像です!!

 

スリッド状のフィルターを通すと、いろんな方向に反射していた光が、一定方向に偏光されるのです!!

一定方向の光に整えられるおかげで、水面や道路面のギラギラが無くなり、安定した見え方が確保されます!!

 

偏光レンズ

偏光レンズ

随分前に、雪上で試した画像です。

(水面のギラギラはネット上でいっぱい出てますので)

魚釣りをするにはマストのサングラスレンズです!

 

 

染色した薄いフイルムをびゆ~~って横に伸ばしただけですけど・・・・・

現在の薄型液晶画面もこの偏光技術が無ければ成立しない大発明!!

 

 

 

 

ここで問題です!

このスリッド状の偏光レンズを平行に重ねた時と直角に重ねた時の、レンズの濃度はどうなるか??

 

 

 

 

偏光軸に平行にレンズを重ねると、ほとんど濃さが変わりません!

(向かって真ん中が重なった部分です)

(偏光性は維持)

 

偏光軸を垂直にすると、真っ暗になります!!

(偏光性は無くなる)

 

偏光軸を何度に重ねると、濃さは何パーセント?

という計算式も過去に学びましたが、計算式は全然覚えておりません・・・・

 

斜めに重ねると円偏光になります・・・・

 

 

メリットは、濃度がそう濃くなくても眩しさを取る

乱反射を整えるので、水面や路面のぎらつきが無くなる。

 

ってメリットは沢山あります!!!

 

 

近見視力表

近見視力表

近見視力表

かなり過去に書いた僕が手作りした近見偏光視力表!

 

これも偏光レンズの特性を利用して、両眼を同時に使いながら片眼づつを別々に測れる視力検査表です!!

 

3D立体視を強制的に見せるのも、偏光膜を利用します!

 

 

デメリットは・・・・

 

ブラインド状のスレッドがあるので、レンズ加工が悪く歪が出ていると、ブラインドから光が漏れる感じになり、逆にチラチラになります。

偏光レンズ

特殊フイルターで見えない歪を確認します

 

向かって左側がレンズに歪があるので、丁寧にレンズ加工をして歪を取る必要があります。

 

無色でもレンズに歪が有ると、空間が揺れて酔う感覚になります。

(個人差がかなりあります)

(無色でも揺れるので偏光レンズだと最悪です)

 

偏光レンズメーカーによっては、歪が無くても揺れます・・・

(偏光軸のせい?)

(偏光酔いの原因?)

(偏光軸に平行の場合は揺れずに、縦の動きに揺れを感じるメーカーもあります)

 

レンズとレンズの間に偏光膜をサンドイッチにするので、若干な光線ズレ(プリズム)が発生する場合があります。

(光線ズレがあると揺れ揺れです)

 

完成品を出荷検品の良品の基準が、レンズメーカー毎に違いがそうとう有る気がします。

 

 

正面の見え方は良いのに横の見え方が悪くなる

(車のフロントガラスは良いけどサイドガラスは良くない)

(ゴルフのパターで構えた横の視線)

 

乱反射が無くなるので、距離感が取りにくく、平面的に見える

 

偏光レンズは、超デリケートです!

メリット・デメリットを良く考えて、信頼できる眼鏡店で!!!

 

オンライン講習会

技術的お話

この度のコロナ禍の副産物として浸透した、インターネットを活用した取り組み

 

その中でZOOM等を使用したオンライン講習会

 

この度ニコンさんのZOOM講習会を受講しました!

 

テーマは「乱視」

 

オンライン講習会のメリットは、会場まで足を運ばなくても良い事と、スタッフみんなで受けれること

 

ZOOM会議の場合、僕らの顔が映り当然背景も

(背景を違う画像にも出来る機能もありますがガチャガチャしてると透けるのです・・・)

 

当店のバックヤードは・・・・バックヤードなので何もない壁はありません・・・

 

直前に目隠しの布を張って準備してたら、ニコンさん以外のカメラは映らない

 

と解ったとたん、お菓子を食べだすし・・・・(笑)

 

講習の内容は、乱視の構造とその対策で、良い設計のレンズだと周辺視野の見え方が良くなる事

(当然価格は高くなります)

 

解りやすい内容で、凄く理解出来、納得も出来ましたが・・・・・

(素直にそのままお客様に進めて単価アップを狙えば凄く楽)

 

うがった見方をする僕の見解は・・・・

(うがった見方の本当の意味は、「疑って掛かるような見方をする」じゃなく、

「物事の本質を捉えた見方をする」なのよ(笑))

人間の「眼」と「脳」と「心」はそんな方程式で計算できるほど単純ではありません!!

 

眼で見たものを左右眼で、さらに脳で、補正されます。

(個人差が凄くあります)

 

で、実験してみました!!

等価球面度数0の乱視レンズ(S+1.0C-2.0)のレンズを使いました。

 

肉眼で見たままの写真が撮れません(汗)

 

NIKON・D500のイメージセンサーが、マニュアルフォーカスでもしっかり補正を掛けちゃいます(笑)

(人間の眼だと縦方向にピントを合わせると横方向がボケて、横方向にピントを合わせると縦がボヤける)

(乱視軸の方向で、横長・縦長に補正されるが、単眼の一眼レフじゃ無く、両眼の人間の眼では新円に補正されると思う)

(本来放射線指標は雲霧を掛けるものですが、一眼レフには通用しません)

(一応点群指標でも試しましたが結果は当然同じです)

(同業者向けだけではありません)

 

 

何が書きたかったか分からなくなってきましたが(汗)

 

高い価格のレンズは、安い価格のレンズより良いのは間違いが無いのですが・・・・

 

むやみやたらと高いレンズを進めるのは違うのです!!!

 

問われるのは、眼鏡店の検査力と調整力!!!!

(良識の提案力も)

テレスマホ

技術的お話

室内用累進(中近)レンズ「テレスマホ」

コンセプトは、大人世代のテレビとスマホが見やすい室内レンズ!

 

当社が加盟しているボランタリーチェーンのオリジナルレンズ!

製造はHOYAさんが手掛けております。

コンセプトが解りやすいデザインの優れたポスターだと思います・・・

 

当店に来店いただいて注意深く店内を見渡していただいたら解ると思いますが・・・・

 

当店にはほとんどポスターを張れる壁のスペースは無いのです。

 

いろんなブランドさんから、販促ポスターをいただいても張れません・・・

(ポスターをベタベタ張るのも僕的には好きでは無いのです)

 

 

で、このポスターも請求してなかったら・・・・

ボランタリーの当店担当スーパーバイザーさんから・・・・

 

SV「無料ですからどうですか?」と電話があって・・・

嫁「無料なら1枚お願いします」

SV「ありがとうございます!送料だけかかります・・」

嫁「・・・・・」

 

で、送られてきて・・・

 

俺「??張るとこ無いのに・・・」
嫁「ごめん・・・・無料って言うし、流れから・・・・」

 

ケチな俺としては、送料だけとはいえ、お金がかかっているのなら、無理やりにでも・・・

検眼室に張ってはありますが・・・・・

雰囲気が良くないから、もうしばらくしたら外します(笑)

 

話を戻して、このテレスマホ用レンズ

 

グレード4種類

アイポイント加入3種類

累進帯3種類

総勢36パターンの設計オーダーが可能なんです!!

(実際は32パターンなんですが)

 

試されるのは、販売する側の検査力と、それよりもユーザーの使うシーンの聞き取り力!!!

 

当店はもとより中近レンズの販売割合は、業界平均よりかなり高く、得意としているのですが

 

この微妙な設計の違いをどうプレゼンして、ユーザーの満足度を上げることが出来るか、大きな課題をいただきました。

 

ユーザー様も、「こういう場面でこういう距離をこう見たい」と普段の場面を具体的に教えていただければ良い提案が出来ると思います!!!!

 

スポーツメガネのベント加工

子供のスポーツ時のメガネ・・・・

 

接触系のスポーツじゃないと、普通のメガネをズレないようにするだけで問題が無いのですが、接触系(サッカー・バスケ等々)のスポーツは、普通のメガネでは自身も相手もちょっと危険です。

 

自分でしっかり取り扱えるようになれば、ソフトコンタクトレンズもアリですが・・・

 

何せ目の中に入れるものですから・・・・

 

で、当店で良く売れているのが、ゴーグル式のスポーツメガネ!!!

 

こんなの↑

 

で、汗をかいてレンズが曇るのでベント加工を施しました!!

(ベント加工とは、レンズに穴を開けて空気の通り道を作る事です)

(当然曇り止めは塗っております)

(写真は既にベント加工済みの最終形です)

 

どういう形状で、穴を開けるのが一番効果的か、検証してみました!!

 

練習用レンズで試し削りです!!!

 

空気の流れを見るために、クロムハーツのお香の煙の流れで実験してみましたが・・・

(以前検眼室の空気の流れを確認したやつ・・・)

想像通り、全く解りません(笑)

 

 

 

 

「幅が狭くて深い」のと「幅が広くて浅い」のを左右に入れて

 

ダンボールの上に、ゴーグルを置いて、メガネクリーナーを内側から吹き付けてみました・・・

まあ・・・・穴の面積分がクリーナーが通り抜けた感じ・・・・

 

よく分からないので、実際にメガネを掛けて実験してみます・・・

 

そこらヘンを走ってこいと言うので、必死で走ってハアハアになってゴーグルを付けて写真を撮ります!!!

嫁の撮影では、逆光等々で、うまく撮れませんでした・・・・

 

嫁は走りに行かずに、そのままマスクで息を内部に吹き込みます・・・・

 

確かに走りに行く必要は無かったです・・・・

 

で、解った事は、ベントが有ると確かに曇りにくい!!

 

ベントの形状は・・・・・

BESTはの形状は良く解りませんでしたが、ベント付近が曇りにくくベントから離れた位置が曇りやすい!!

 

で、今回のベント加工の形状は、

眼から離れた部分に、狭くて深いベントを、目に近い場所は視野に入らないように、広くて浅いベントを開けました!!!

 

セッティングは比較的簡単に出来ますので、

こんな↑ベント加工も出来ますよ!!!

 

ただ・・・・・

レンズ加工にそれなりの時間を要します・・・・

 

 

鼻盛(ハナモリ)

技術的お話

有名な100人の村の話

 

世界には63億人の人がいますが
もしもそれを
100人の村に縮めるとどうなるのでしょう。
100人のうち

 

70人が有色人種で
30人が白人です

61人がアジア人です
13人がアフリカ人
13人が南北アメリカ人
12人がヨーロッパ人
あとは南太平洋地域の人です

(一部抜粋)

 

 

61人がアジア人なのに・・・・・

 

ワールドワイドなメガネの鼻パットは、鼻の高い人向けに作られています・・・・

 

ま、東アジアと西アジアじゃ顔の骨格が全然違うし・・・・

 

でも、大丈夫(何が?)

 

 

鼻が高い人向きに作られたメガネフレームでも、ちゃんと平たい顔族にもフィットするようにカスタマイズできます!!!

 

「Chrome Hearts」と「GUCCI」のメガネ

 

複数個同時に作業すると、手間が簡単です!!!
(4つ同時だと面倒かな(笑))

 

良いアセチ生地が使われてると、研磨(バフ掛け)していて、気持ちの良い艶が出ます!!

どちらのテンプルネジも、緩みにくい抜け落ちにくい高級ネジが使われてました。

見えないところまで手を抜かないのが、ブランドのブランドたるところでしょうか!

 

 

 

 

技術的お話
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00