メガネのハートランド
福井県鯖江市産の眼鏡を販売。認定眼鏡士のいるお店。
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00
スタッフブログ

スタッフブログ

半商・半医(と呼ばれていた時代)

お客様紹介

僕の上の世代(60代以降)のメガネ屋さんは、半分商売・半分医療などと呼ばれた時代がありました。

一部の眼鏡屋さんは白衣を着て商売しているお店もありましたね・・・・

(現在ならうさん臭く見えるだけですね)

当然、医療を行えるのは、医師免許を持っている医師だけですので、半分医などとは間違っても言ってはいけないのです。

 

今年、国家資格化された「眼鏡作製技能士」もそこの部分をことさら厳しく言っています。

(眼鏡作製技能士の試験問題では、屈折異常(近視・遠視・乱視)も病気と考えられていて、調節異常(老眼)は病気では無いとのガイドライン)

個人的見解ですが、屈折異常が病気なら、近視や乱視を矯正するレンズには、一部の外国みたいに、健康保険が適応しないといけないと思うのですが・・・・

 

 

この前置きを書いたうえで、先日お店であった出来事

 

約二年前に初めて当店でご購入いただいたS様

脳卒中後の複視(物が2つ見える)

二年前にもブログネタにしていました。

(その後一年前にもメガネを新調いただいています)

今回は大分リハビリを頑張ったのでしょうか、自身の足で歩いて来店いただきました。

(複視が続いていたら歩く事も・・・)

 

二年前の度数と、一年前の度数はそれなりに違ったのですが、

(斜位系の遠視系の乱視系の度数は、メガネを常用しだす前としだす後では、潜伏している度数が表に出てきて、それなりに変化する事が多々あります)

(前回このブログに書いた通り慣れるために、あえて変化を少なくする場合もあります)

 

今回は、1年前とそう自覚値の変化は無かったのです。

(他覚値は、それなりに変化していました)

 

あらためてS様に「今回はメガネを作りに来店されたのですか?」

と尋ねると・・・・

S様のご主人が「実は片目だけ何か見えにくいと言い出したので・・・」との事

 

「この場合は、当店よりも先に行くのは病院です・・・」

って伝えると、

「迷ったのですが、とりあえず当店にくれば何か解ると思って・・・」

 

当店にとっては、信頼が得ていてありがたい事なのでしょうが・・・・

当店はメガネ屋さんで、診察は出来ませんし、当然眼病等は解りません(汗)

 

「まずは眼科受診してみてから脳外科でしょうか・・・」

って伝えて病院受診を勧めてみました。

 

このブログを書きながら、眼科受診をするのなら過去のメガネのデーターが有ったら参考になると思い、お客様に連絡したところ・・・

「手術した脳外科を受診したが問題は無かったので、次は眼科を受診する」との事

 

♡ 初めての紹介状 ♡

それならば、↑で書いたテンプレを基にデータを記したのを

ちょっとだけ遠方から来てもらっているので、ご自宅に郵送させていたしました。

 

当社は営利を目的として経営を行っている営利企業ですが、顧客様の信頼があってこそのお店です。

どっかの眼鏡店でメガネの購入を考えているのなら、当店もその候補に加えていただけたら幸いです!

できたら当店での購入をお願いします(笑)

 

以上ステルスではない広告でした!!

[コメントする]

東京メガネ祭り

久しぶりに花の都まで行ってきました!

 

今年はスタッフ4人での参戦なので、経費を抑える為にも車での移動です。

火曜日の閉店後に10:00過ぎに集合して・・・

写真のグーグルのナビでは、浜松パーキングで0:54 3:56に到着予定になってますね・・・

 

https://www.shopping-sumitomo-rd.com/ariake/spa-izumi/

AM5:00 OPENと同時にビックサイト近くの「有明泉天空の湯」で温泉に入っての仮眠・・・

ここで、上着(ジャケット)を2着忘れたのに気が付いて、この施設の下に無印良品がたまたまあって10:00のオープンと同時にジャケットを購入・・・

そのまま無印のキッチンで朝食後有明セントラルタワーホールに移動して・・・

次はビックサイトに移動して・・・

IOFTの会場へ移動・・・

2チーム~3チームに別れたからか、ほとんど写真なし・・・

 

 

ビックサイトのシンボル的な建物の向かって左のエスカレーター!に乗って

こけたらヤバイ長さ・・・

Bチームが当店が加盟している、フレンドショップの東京支部会に参加して勉強会です!

Aチームは買い付けを続けています。

A・Bチーム合流して

この下のフロアーでも特別にIOFTに出展していない主力メーカーさんも呼んでてくれて仕入れ会(写真無し)

 

宿泊は会場から歩いて行ける

「相鉄グランドフレッサ 東京ベイ有明」

予約した時は、初めてのホテルだと思っていたら「旧サンルートホテル」でした。

ここのホテルは足マッサージが各部屋に置いてあってGOOD

夜走りしたせいで、PM9時前には、爆睡してました(笑)

 

翌朝は、ビックサイト東棟まで、ホテルからタクシーを利用してショートカット!

歩ける距離かも知れませんが、車社会の田舎者にはつらい距離・・・

(あらためてグーグルマップで距離を計測してみると直線で6千フィート、約1キロの道のりでした」

お昼前には、ビックサイトを後にして、麹町のツアイスビルに移動!

 

近くのテンプラ屋さんで昼食!

右上の天丼3つ分の価格のテンプラ定食が右下で、右下の定食から左上の定食の分を引いた価格が左下のテンプラ定食。ゆえに、右下の定食の価格が断トツに高い・・・・

テンプラ定食は「花・月・雪・菊」の4種類の価格がある。

左下が月で、右下が菊

メニューには値段の違いしか書いていないので、お勧めを聞いて月にした。

ここで、当社ミーティング

お店として、断トツに高いメニューを設定しているのは正解か不正解か?

月と菊は千円の差なんで、この差別化は正解か不正解か?

価格の差は、ボリュームか内容かどちらが正解?

等々当店後継者に商売としての考え方を常に考える事を学ばせる・・・

(席に着くと注文前にお茶と漬物が提供された。どうも月と菊の漬物はちょっとグレードが上がるみたいだが、僕の月の方が手を付けてしまったためか取り替えずにそのままになった)

(↑システム的にどうしたらベターなのかも考えさせる)

 

 

その後ツアイスビルに移動して・・・
(昼食後にランチの券いただいたらしい(汗)

 

ここでも2チームに分かれて商談していたので、色々と写真なし・・・

(アポ入れてあった数社のブランドさんも他店との商談が長引いてたのか商談出来なかったり)

どこもコロナ明けの活気がある様に思えました!

 

 

ここを後にして最後の商談先に移動・・・

と思って、車に戻ると・・・

東京の狭すぎるコインパーキング、入れれたのに出られなくなって、切り返し切り返ししているうちに下のストッパーが上がってしまい、追加料金さらに千円・・・(涙)

 

最後の目的地、銀座のクロムハーツさんへ!!

 

新型をチョイスする前に、クロムハーツとしてのレギュレーションを細かく指導。

高級ブランドとしての考え方や価値を我々正規販売店も共有して、共存へ!!

 

考えると、世界的ラグジュアリーなブランドは、ほぼ直営のオンリーショップのみで売られているのが常識ですが、メガネはレンズを必要とする特別なアイテムゆえ、メガネ店にも卸してくれている。取扱店がブランドの価値を落とすわけにはいかないのです。

 

内部での写真公開はNGなので外で(汗)
ジャケットを忘れて無印で買ったのに、ほぼTシャツで過ごしてた(笑)

 

僕だけでは無くスタッフで参加出来たのは、当店の取り扱いブランドのメーカーさんの考え方等色々直接触れる事が出来て、有意義な1泊4日になりました。

 

僕が写真で左手に持ってる緑色の紙袋は・・・

 

銀座のボッテガで購入した名刺入れ!!

当店もメガネでの取り扱いがあるケリング(ボッテガ・グッチ等)さんの営業さんから勧めていただきました。

 

ちなみに仕事でしか使わない名刺入れは、経費で落ちるんだって(笑)

当社の社内規定に「役員に就任したら名刺入れを会社から支給される」と規定しよう!

これだとせこく見えるので「営業職には名刺入れが支給される」にした方がよいか!?

 

ツアイスさんのオフィスにしてもクロムハーツさんのオフィスにしても、大都会の真ん中であれだけゆったりオシャンティなオフィスを構えられるって!!!

クロムハーツの真隣のシャルマンさんの店舗の家賃をなんとなく聞いているだけに・・・

うちもがんばろう(汗)

 

 

新作メガネちゃん達もがっつりオーダーかけていますし、新規の2ブランドもオーダーしてきましたのでご期待下さいませ!!!!

[コメントする]

女子プロゴルフ(サングラス)

オークリー

先日、福井県の芦原ゴルフクラブで、日本女子オープンゴルフが開催されていました!

 

僕の知り合いのプロキャディーから、

「今三国にいるんだけど、ハートランドさんまでは遠いのですか?」

と突然に電話が来て「1時間ぐらいで来れると思うよ・・・」と答えると、

「知り合いのプロがサングラスを購入したいんで連れて行って良いですか?」との事

 

今思うと、「女子プロじゃ無いですよ」と念押されて言っていたな(笑)

 

で、男子のプロキャディさんを連れてきてくれました。

 

目的は度の入ったサングラスで、オークリーで作りたいとの事。

 

そこで度数測定してみると、今使用しているメガネの度数で問題が無く、眼位的にもそり角が大きいスポーツサングラスにも問題がない目でした。

(色々問題がある方がやってて面白いのだが(笑)

(視力が超重要なプロキャディさんだけに責任重大)

 

で、気に入ったモデルが、

向かって左のスートロライトなのですが、度付きに出来ないモデルで・・・・

 

度付に出来る点を考慮して、ジョンブレーカーとなりました!

(写真のモデルは、サンプルとして店頭にある非売品の度付きイメージモデルです)

 

 

話を女子プロゴルフの試合に戻して、福井県で開催された日本女子オープン、NHKで初日から放映されていました。

 

優勝は「原英莉花プロ」優勝おめでとうございます!!

使用サングラスは!

向かって左のスートロライト!

(向かって右のCORRIDORのプリズムローライドも使ってます)

 

スートロライトのフレームカラーが白で、レンズはプリズムローライトに見えました。

(スートロライトの白にディホルトで入っているレンズは調光(フォトクロミックレンズ)なので特別仕様かも?天気がそんなに良くなかったから発色していなかっただけのか?)

 

当店ではスポーツサングラスも得意としていますので、色々ご相談に乗る事が出来ます!!

 

[コメントする]

MASUNAGA WALDORF

増永眼鏡さんのWADORF

キムタクさんがドラマ「教場」で教官役の時かけていたモデル

 

何を演じても「キムタク」と言われていたのが、このドラマでは全然違うキムタクさんになっていたように思います。

 

当店でも人気のモデルで、やっと入荷して来ても直ぐに売れてしまう人気のモデルで、当店だけでも2桁の販売実績になっています。

(2桁と大袈裟に書いてますが、10本でも2桁です)

(直ぐ売れるなら大量に発注しておけよと思われるかも知れませんが1本68200円するので大量発注はビビッテしまうのです)

(じゃ売れたら直ぐに発注すればいいじゃんと思った方もいるかも知れませんが、特に人気のモデルはメーカー在庫などは無くほぼ受注生産なんです)

(どのメーカーさんも在庫が残らないように生産数を考えて生産しているので、間違いないと思う商品は小売店が在庫を持たないといけません。)

(お客様に納得してもらえる商材を色々在庫する事は、目利きが重要で、もはやギャンブルに近いのです)(メーカーさんはもっとだよな)

(頑張って納得行ける商品が色々ありますので、買いに来てくださいませませ)

 

今回はセイコーさんの遠近両用のレンズを装着!

 

裏事情を書いてしまうと、SEIKOのレンズ工場をHOYAが買収してその工場でSEIKOのレンズをOEM生産しているため、当店に送られてくる時には、HOYAとSEIKOのレンズが同封されているんですよ!!なんか効率的ですよね!!

でも、レンズの設計等は各社考えが違うので、当然同じものではありません。

[コメントする]

遠視と外斜位(広告です)

技術的お話

人間の屈折異常には、主に3タイプあります。

(ニデックさんの機器から引用)

①近視②遠視③乱視

 

※老眼(老視)は調節異常なので、屈折異常ではありません。

 

角膜と水晶体のプラスレンズで網膜に焦点を合わせるのですが、網膜に対して前方で焦点が合うのが①近視、網膜の後方で焦点が合うのが②遠視 縦方向と横方向等方向によって屈折が違うのが③乱視となります。

 

で、今回は遠視のお話!

 

図

遠方の光が、角膜・水晶体で屈折した焦点が網膜の後方で焦点しています。

 

無調節の場合は、焦点が合わずピントが合わないのですが、人間の眼の水晶体は調節が出来るので・・・・

 

図

調節を使って、ピントを合わす事が出来ます・・・が・・・・

 

通常、水晶体の調節は近くを見る時に副交感神経を使って行っているもので、近くを見る働きで遠くを見ている状態で、その状態の眼で近くを見る時には、更なる調節が必要になります。

 

まともな眼鏡店なら常識で、「調節力のある遠視眼は視力が良いけど目は疲れる」ので、遠視(プラス)レンズのメガネを常用すれば、目の疲れは軽減する事を知っています。

 

ただ、目は右目と左目があるので、注意が必要です!

 

人間の眼は調節と同時に輻輳(目を寄せる機能)が入ります。

 

難しくて文章でうまく説明出来ませんが、人間の眼は近くを見る時に調節をして、輻輳(目が寄る)が入るという合理的な機能がDNAに織り込まれているのです。

 

それで、遠方眼位が正位で遠視眼の場合は、近くを見る時に調節が入ると調節性内斜位といって、左右の目が寄りすぎてしまうのです。

 

今回の事例のご紹介

全国でも取り扱いが少ない、ちょっとお高めのラグジュアリーブランドをお買い上げいただきました。(当店は正規取扱い店ゆえに制約が多い↑このブランド)

 

裸眼視力は良いので、最初はオシャレ用のダテメガネとしてお買い上げいただいていたのですが、目や色んな所が尋常じゃないぐらい疲れるので、一度眼を調べてくれないかとお測りしたら、表題の「遠視眼で外斜位」

前に書いた通り、調節と輻輳を使えばムチャクチャ裸眼視力は良いのです!!

 

眼は視力が良いから、目が悪くない訳では無いのです。

 

「遠視の外斜位」の場合、遠視だけを補正すれば外斜位だけが残ってしまいます。

調節と輻輳が同時に機能するため、遠視だけを矯正すれば、輻輳しないので目がが外斜位になってしまう場合があるのです。

 

今回、眼にとってベストな度数を入れて見ると、30数年しみ込んだ眼の使い方と違う眼の使い方をしてみないといけない為に、見えるけど違和感が強いとの事。

(よくある現象です)

 

そういう場合の選択肢は、

①頑張ってその度数に無理やりなれる

②弱い度数から慣れて、徐々に度数をあげて、ベストな度数にたどり着く

方法があります。

 

②の場合は、レンズを交換するたびにレンズ代金がかかります。

(このような場合は当店の見え方保証の対象外になります)

(レンズ交換する間隔は1か月なのか1年なのか2年なのかはお客様しだい)

 

 

今回は②の徐々に慣れる方法を選択されました。

 

ベストな度数にする場合は、

図

前に書いたように、外斜位が残ってしまうので、ベースインプリズムが必要ですが、今回は度数を違和感に堪えれるギリギリの度数にしたため、プリズム度数も変化します。

 

当社が開発したアプリなら、度数をどれくらいゆるく(強く)した場合には、AC/A比(どんだけ調節するとどれだけ目が寄るか)を考慮して、プリズム量の増減も自動計算してくれます。

(当然斜位量と余力量を入力すれば適正なプリズム量の範囲をも計算するアプリです)

 

 

当店では、眼の状態や目的等、いろんな角度から考慮し、快適に使えるメガネを提案しております!!

 

10月1日からステルスマーケティング規制法が施行されました。

「当社のブログ内容は全て広告です!!」

 

って書いておけば良いのでしょうか?(笑)

 

 

[コメントする]
スタッフブログ
TEL:0778-24-3849
お問い合わせメールフォームはこちら
営業時間/10:00〜20:00